2014年1月よりブログを始めました。
これからは、温泉大好き夫婦,(T&M)が訪問先の温泉宿や、観光スポットの状況をお伝えし、このブログをご覧頂いた方々と、各種の情報交換が出来ればと考えております。
既に訪問先の計画を詰めているものもありますが、取り敢えず、今まで訪問しました箇所を、まずは北海道から地図上にプロット(ルートを含め)してみましたので、御紹介致します。

北海道
北海道は基本的に大阪伊丹から飛行機で、現地はレンタカーで巡りました。(地図はクリックで拡大してご覧ください)


2013年10月(
5泊6日):源泉かけ流し温泉を求めて
支笏湖温泉(丸駒温泉旅館)
地面から湧き出てくる露天風呂、支笏湖と水位が同じに感激
定山渓温泉(定山渓第一寶亭留 翠山亭)
綺麗なホテルで快適、接客は丁寧で良かった
ニセコモイワ山温泉(ワン・ニセコ・リゾート・タワーズ)
部屋(スイートルーム並)が広くて快適、温泉も良好
大船上湯温泉(ホテル函館ひろめ荘)
源泉掛け流しの乳白色の硫黄泉が気持ちよい
函館湯の川温泉(湯の川プリンスホテル渚亭)
バイキングの料理が豪華で美味しく、海岸沿いの露天風呂も広くて快適

2013年2月(3泊4日):雪見露天風呂を求めて 
ニセコ湯元温泉(紅葉音)
泥パック可能な硫黄の匂いたっぷりの温泉、食事にも大満足
洞爺湖温泉(ザ レイクビュー TOYA 乃の風リゾート) 
雪混じりの寒風吹きすさぶ屋上
露天風呂(洞爺湖景観)が素晴らしい
登別温泉(滝乃家)
さすが老舗の高級宿、食事、温泉、接客に風格

2008年7月(4泊5日):利尻富士登山と温泉 
稚内(ドーミイン稚内)2泊
屋上に温泉があるビジネスホテル(利尻、礼文フェリー乗降用)
利尻温泉(アイランド イン リシリ)2泊
温泉もあり、利尻富士登山口まで送迎バス利用(登頂に成功)等

そして九州、神戸から車で四国三崎~佐賀関(フェリー)及び関門海峡経由で。

static(九州全図工程完成版)


2013年4月(7泊8日):古事記編さん1300年記念神話バスツアーと温泉を求めて

日向市(ホテルベルフォート日向)
長時間ドライブ後の休憩宿泊目的
宮崎市(JR九州ホテル宮崎)

部屋は広く新しく清潔(神話バスツアー乗降地側近)
指宿温泉(指宿ロイヤルホテル)
洋室での部屋食は初めて
霧島温泉(旅行人山荘)
広大な敷地に露天風呂が点在、帰りの湯冷めがひどい
霧島温泉(さくらさくら温泉)
霧島温泉での泥湯が珍しい
高千穂(ホテルグレイトフル高千穂)
ホテルは新しく清潔(翌日の高千穂峡他、散策に便利)
鉄輪温泉(ときわ荘)
夕食は牛肉のしゃぶしゃぶ、コストパフォーマンス良し

2012年5月(5泊6日):九州の温泉を求めて          
明礬温泉(岡本旅館)
別府でも珍しいコバルトブルーのお湯(露天風呂)
湯布院温泉(庄屋の館) 
宣伝通りのコバルトブルーのお湯(ただ、湧き出るときは無色透明) 
黒川温泉(山みず木)
落ち着いた佇まいと、しっとしりしたお湯(透明)
長湯温泉(大丸旅館)
ラムネ温泉と呼ばれる炭酸泉が珍しい(温度は低め)
内牧温泉(入舟)
銭湯の横に宿屋を作ったという感じ。


北海道、本州と沖縄離島までを含め、これらを日本白地図上にプロットしてみました。赤いは2013年まで、★印は2014年、★印は2015年、★印は2016年、印は2017年の訪問先です。

尚、2018年以降の訪問先は新しいページをクリックしてご覧ください。

日本地図19-1

熟年夫婦熟年夫婦熟年夫婦熟年夫婦離島



 
★2016年度訪問先[お宿]
 
★2015年度訪問先[お宿]

東北(11月28日~12月2日)

上信越(10月20日~24日)

上信越(8月25日~29日)

北海道(7月14日~19日)

甲信越(5月10日~15日)

信州(桜のお花見)(4月19日~21日)

蔵王~鳴子温泉(1月13日~16日)

★2014年度訪問先[お宿]



(付録)
温泉旅日記の計画中の間は更新が滞ってしまいますので、その間は思い出に残るこれまでの海外旅行を「熟年夫婦の海外旅行回顧録(車の旅:北アメリカ編、&列車の旅:ヨーロッパ編)」として綴っていくことにしました。
本文と合わせて、ご興味を持たれる方は下の文字をクリックされてご覧ください。

           ~更新中~