4日目、肘折温泉から遠刈田温泉に戻り、竹泉荘 Mt.Zao Onsen Resort & Spaに宿泊しています。
熟年夫婦竹泉荘3
釣鐘がある一階ラウンジの向かいのレストラン「竈神(KAMAJIN)」で夕食。
熟年夫婦竹泉荘夕食13

熟年夫婦竹泉荘夕食

熟年夫婦竹泉荘夕食2

熟年夫婦竹泉荘夕食3

熟年夫婦竹泉荘夕食4

熟年夫婦竹泉荘夕食12
熟年夫婦竹泉荘夕食6

熟年夫婦竹泉荘夕食10

熟年夫婦竹泉荘夕食11
今夜のメインメニューは仙台牛のすき焼きでした。
熟年夫婦竈神
このホテルは、蔵王国定公園内の森の中に建つ、敷地面積2万坪に僅か30室のみのラクジャリーホテルで、元々由緒ある高級旅館「くつろぎの宿 竹泉荘」の経営破綻により、毎シーズン通っていたという香港に拠点を置く投資会社ミンリーコーポレーションのペイソン・チャ会長が2007年5月に経営権を取得、大規模なリノベーション後2010年4月に「竹泉荘 Mt.Zao Onsen Resort & Spa」として再スタートさせた経緯があるようです。
熟年夫婦竹泉荘9-1
客室は2~5Fのフロアに、43.5㎡のデラックスツインから100㎡を越えるラグジャリースイートまで、バラエティーに富んだ各種タイプの部屋が準備されており(上の敷地図)、好みに応じて選択が可能です。

到着は15時、大きな竹泉荘の看板に沿って中に入っていくと、林の中にお屋敷風の5階建ての建物、玄関付近にはドアマンというより執事が待ち受けしている感じで、
熟年夫婦竹泉荘7-1
駐車場に車を留め玄関前に行くとドアが開き奥に釣鐘が、
熟年夫婦竹泉荘10
熟年夫婦竹泉荘11
右手のロビーラウンジを越え、           
熟年夫婦竹泉荘16
熟年夫婦竹泉荘18
ギャラリーショップの横を通り
熟年夫婦竹泉荘20-1
釣鐘のある一番奥のライブラリーラウンジへ、チェックインはこの場でウエルカムドリンクを飲みながらの手続きとなります。
熟年夫婦竹泉荘24
熟年夫婦竹泉荘19
窓の外には竹藪があり、おそらく「竹泉荘」の名前の由来となったのでしょう~。
この珍しい釣鐘のあるラウンジ他、室内のデザインはインテリアデザイナー 橋本友紀夫氏によるものと説明を受け、
熟年夫婦竹泉荘25熟年夫婦竹泉荘26
この釣鐘は、瑞巌寺にある釣鐘のレプリカで伊達家の家紋入り、重さ500kgでダクトにも併用されている由。

チェックイン手続きを終え3階311号室に、
熟年夫婦竹泉荘6-3
館内フロアマップ
上図の赤い破線の道順でレセプションデスクの前を通り、
熟年夫婦竹泉荘27
レストラン「竈神(KAMAJIN)」の横奥にあるエレベーターで3階へ。
熟年夫婦竹泉荘30
部屋はツインベッドの洋室、43.5㎡のデラックスツインルーム。
熟年夫婦竹泉荘29
熟年夫婦竹泉荘30
熟年夫婦竹泉荘31
熟年夫婦竹泉荘33
熟年夫婦deluxetwin_photo_05
デラックスツイン間取り図
先ずは最初の入浴ですが、チェックイン時予約の貸切露天風呂へ、
熟年夫婦竹泉荘20
熟年夫婦竹泉荘21
熟年夫婦竹泉荘22
一般の温泉旅館では大浴場と言われているほどの大きさです。泉質はナトリウム‐塩化物・炭素水素塩・硫酸塩泉‐低張性中性高温泉で、源泉温度65.1℃、Ph6.6と表示されており、昨年11月訪問のゆと森倶楽部の露天風呂と同じ、さらりとした癖のないお湯です。

夜のラウンジの光景です。昼間とは一変、照明の効果もあり幻想的な雰囲気で、
熟年夫婦竹泉荘23
熟年夫婦竹泉荘24
熟年夫婦竹泉荘25
釣鐘の下の青い炎が印象的です。

翌日目を覚まし朝風呂へ、2階でエレベーターを降り正面のフィットネスジムに向かう廊下ですが、ここにも特殊な照明にデザイナーのこだわりが感じられます。
熟年夫婦竹泉荘10
フィットネスジムの右横に女性用の浴場入り口(2階)があり、男性用は階段を下りた1階に。
熟年夫婦竹泉荘14
広い浴槽の内風呂の外に大きな露天風呂、この時間は一人でたっぷりの源泉掛け流しを独占。
熟年夫婦竹泉荘17
熟年夫婦竹泉荘15
熟年夫婦竹泉荘16
入浴後、レストラン「竈神(KAMAJIN)」で朝食。たっぷりの生野菜からお釜で炊きたてのご飯まで、そして朝からデザートと、
熟年夫婦竹泉荘26
優雅な気分で、11時レセプションデスクにてチェックアウト。仙台空港に向かいレンタカー返却後(走行距離490km)空港へ。
13時50分発のド派手な塗装(USJのミニオン・ハチャメチャ・ライドの広告?)のJAL2206便で無事伊丹空港に帰着しました。
熟年夫婦仙台空港JAL
熟年夫婦仙台空港JAL1
今回も遠刈田温泉を中心に温泉旅館を訊ねましたが、お湯が豊富なこの地区にはまだまだ探求したい宿もあり、時期を変えて又訪問を計画するつもりです。

((3日目、肘折温泉 
1
日目、遠刈田温泉Ⅱに戻る
)
)
 
((次の紀伊半島の旅へ))