今回も「うまさぎっしり新潟の旅」に応募し、1月26~30日(4泊5日)で温泉の旅を計画しました。
いつものように新潟までは飛行機で、新潟空港到着後は、レンタカーで
0地点の新潟空港から下図④地点の各温泉宿(六日町、奥湯沢貝掛及び岩室温泉)青いルートに沿って巡りました。尚、赤字の箇所は立ち寄りスポットです。
新潟―貝掛ルート1
11時30分、一面雪で真っ白の新潟空港に到着。予約済のレンターカー( 
スタッドレス、4WD装備の
トヨタVitz)で地点の六日町温泉に向け出発。
レンタカー
7号線から北陸自動車道に入り、中之島見附のICに近づいたところ、この先渋滞と表示があり高速道を下りて、一般道の8号線に迂回しました。ところが、一昨日長岡地方に降った雪が一般道でも未だ除雪されておらず、延々の渋滞に巻き込まれ、1時間ほどロス。16時、やっとのことで今日のお宿、六日町温泉、龍言に到着。
龍言1
龍言の立派な門を入り、越後の庄屋や豪農の館を移築した建物と、約4000坪の大庭園のある広大な敷地を持つ館の玄関へ。 
龍言5
フロント前のロビーでチェックインの手続きを終え、
龍言3
龍言4
一階の平屋建て、全部で33部屋の中から「向月の間」へ、二間続きの囲炉裏やコタツのある和室です。
龍言9
龍言6
龍言8
「圓の湯」に近い部屋なのですが、案内係から庭園露天風呂「和楽の湯」への入浴を勧められ、フロントからでも約130メートル(赤い破線)はある廊下を進みました。
龍言10
長い廊下の窓から、凍り付いた龍神の池や、雪景色が見られ、待望の雪見露天風呂への期待が膨らみましたが、
龍言11
龍言13
龍言12
庭園露天風呂に入ってビックリ、露天とは名ばかりで風呂は屋根とガラス戸で囲われているため、滝のように流れるお湯の蒸気が立ち込め、ほとんど見えない状況で雪見露天は全くの期待外れに終わりました。
龍言14
ここには洗い場の設備もないため、早々に「圓の湯」へ移動、
龍言15
内湯から露天風呂へ、
龍言16
こちらの露天風呂ではたっぷりと雪見を満喫出来ましたが、何故か入浴後、温泉特有の体のホカホカ感がないのが不思議でした。浴場の温泉分析書には源泉温度は47.5℃、Ph7.9、無色透明と説明されていましたが、残念ながら源泉かけ流しではなく循環式のようでした

食事の方ですが、朝晩共部屋食で夕食には和牛すき煮鍋を、
龍言18
多くも少なくもない適度の料で、特に岩魚炭火立焼きは、骨も含め頭から尻尾迄すべてが食べられることを教えてもらい、その美味しさに感激しました。ご飯は云うまでもなく魚沼産のコシヒカリ、お釜で炊かれたご飯は天下一品でした。