2日目の朝、目を覚ますと晴れの予報が外れ曇り空。大きな窓から期待していた富士山の優美な姿を見ることはできず、
熟年夫婦ホテル窓
昨晩、幻想的な水のドラマを吹き上げていた噴水の池も今朝は何か元気がなさそうです。
20161205095825(3)
何とか天気が回復するのを待ちましたが、10時半になっても回復の気配はなく渋々チェックアウトに...、一階のフロントに行くと、今朝の御殿場地方には濃霧注意報が発令されていることを耳にしました。 エ~、今日の予定していた富士五湖巡りを明日に変更しようかとも考えたのですが、取りあえず山中湖まで行ってから判断と御殿場を後にしました。

30分程運転したでしょうか、静岡県から山梨県に入った途端、山中湖の手前で天気が嘘のように晴れ渡り、真っ白に雪化粧した富士山がくっきりとその姿を現しているではありませんか!

熟年夫婦山中湖1
さらに山中湖沿岸に沿って進み、長池親水公園前から遮るものが何もない見事な富士の全景(頂上から裾野まで)を鑑賞。
熟年夫婦山中湖3
続いて河口湖畔から、
熟年夫婦河口湖
西湖に移動し、 
熟年夫婦西湖
精進湖からも
熟年夫婦精進湖
最後は千円札裏側の富士山撮影場所、身延町の本栖湖畔からの眺めです。
熟年夫婦本栖湖
以上、各湖からの撮影スポットを〇印(五ヶ所)で下図に示しました。
熟年夫婦富士-2
幸運にも山梨側は天気が良く、富士五湖からの眺めはいずれも感動的でしたが、本栖湖から今日のお宿、②地点の川奈ホテルに向かう途中、静岡県に入ると天気は一変、厚い雲が垂れ込め富士の姿は全く拝めませんでした。
熟年夫婦10伊豆-4
本栖湖から約2時間のドライブで16時45分川奈ホテルに到着。
熟年夫婦川奈ホテル2
ホテル玄関前
熟年夫婦川奈ホテル33
熟年夫婦川奈ホテル35
フロント&ロビー
フロントでチェックインを済ませ、予約済みのツインベッドルームに案内される途中、川奈ホテルが開業80周年を迎えたこと、昭和3年(1928年)以来の家具、調度品がロビーなどでそのまま使われていること、皇族を始め世界の著名人が宿泊されたことなどの説明を見聞きし、赤倉観光ホテルと同様、クラシックホテルならではの由緒ある格式高い雰囲気を実感しました。
部屋は4階の海側436号室(29.7㎡)に、部屋には新式の空気清浄機が設置されており、Wi-Fi接続サービスも利用できるようになっています。 
熟年夫婦川奈ホテル11
熟年夫婦川奈ホテル12
部屋の配置図
温泉は2年半ほど前に新設された宿泊者専用の温浴施設「ブリサマリナ」、目の前に広がる美しい海からの心地よい海風や、広大な自然を感じていただけますよう眺望にこだわりましたと宣伝されており、本館の2階から連絡通路が利用できることの説明(下図)を受けました。
熟年夫婦川奈ホテル36
施設内での撮影が禁止の為、施設内部の写真はこの
温浴施設「ブリサマリナ」の文字をクリックされて
ホテルのHPをご覧ください。 
尚、源泉の温度は62.6℃、Ph8.0、低調性・弱
アルカリ性・高温泉と表示されており、無色透明のクセのないさらりとしたお湯でしたが、源泉温度が高いので加水、循環式で加温、塩素系薬剤使用とも表記されていました。
 

食事の方ですが、夕食は一階のメインダイニングルームで、
熟年夫婦川奈ホテル21
川奈ホテルのディナー定食。
熟年夫婦川奈ホテル20熟年夫婦川奈ホテル37
絶品の味の自家製コンソメスープ、そして創業者大倉喜七郎男爵が好んで食したと言われている、牛フィレ肉を薄目に2枚カットし、強火のフライパンで焼きあげた和牛フィレステーキを、ブルゴーニュ・ピノノワールの赤ワインと共にその味を楽しみ郷愁に浸りました。
3日目、土肥温泉
)
)