にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村

4日目になりました。谷川岳の紅葉見学ためロープウェイ始発駅の土合口に到着。
熟年夫婦谷川岳ー6
ロープウェイ搭乗後の土合口駅付近の紅葉です。
熟年夫婦谷川岳ー1
標高900m位の所でしょうか、ここも期待していた紅葉の艶やかさが今一つで、あまり綺麗ではありません。(紅葉か枯葉かどっちやねんと言いたくなります)
熟年夫婦谷川岳ー2
1,000mを超えたあたりから葉っぱは全て枯れ落ち、標高1,319mの天神平駅に到着。
熟年夫婦谷川岳ー3
引き続き、ペア―リフトで標高1,502mの天神峠へ、
熟年夫婦谷川岳ー4-1
熟年夫婦谷川岳ー5
天神峠から天神山へ登り、曇り空ながら、幸いなことに遠くの富士山を望むことが出来ました。
熟年夫婦谷川岳ー15
熟年夫婦谷川岳ー8-1
その後天神峠に戻り、展望台から目前に迫る標高1,977mの谷川連峰の雄姿を見学、
熟年夫婦谷川岳ー16
熟年夫婦谷川岳ー12
展望台の下の人が見える場所から谷川岳山頂まで、登山道が通じているようです。
熟年夫婦谷川岳ー14
谷川岳の見学を終え、下山して今日のお宿 ④泊目の法師温泉へ、
水上地図8-4
1時間程で、創業140年・国登録有形文化財の宿、明治時代の面影を残す鹿鳴館風の大浴場法師乃湯が名物の長寿館に到着。
熟年夫婦法師温泉-3
駐車場に車を留め、右に見える渡り廊下の下にある本館の玄関まで歩いて行きます。
熟年夫婦法師温泉-50
この長寿館は、本館(明治8年築)、別館(昭和15年築)、薫山荘(昭和53年築)及び法隆殿(平成元年立替)の四つの建物(下図)からなっています。尚、本館・別館は国の登録有形文化財に指定。
熟年夫婦法師温泉-48
そして、各建物の配置図。平面図は建物の並びに合わせ、横向きに張り付けました。
熟年夫婦法師温泉-1
熟年夫婦法師温泉-2-4
フロントでチェックインを終え、の方向で別館10号室に。
熟年夫婦法師温泉-6
玄関を入ると右手にフロント、正面には欅くりぬきの大きな火鉢、
熟年夫婦法師温泉-7
左手にはいろりの間が備えられています。
熟年夫婦法師温泉-10
真ん中の通路を奥に進み、
熟年夫婦法師温泉-21
階段を上ると、渡り廊下の左手に薫山荘の白い建屋、
熟年夫婦法師温泉-24
右手には紅葉したカエデの奥に、苔むした屋根が印象的な、長寿乃湯と法師乃湯の建物が見え、川を挟んで別館が、
熟年夫婦法師温泉-51
熟年夫婦法師温泉-52
近くになるとかなり老朽化が目立ちます。
熟年夫婦法師温泉-23
廊下の突き当りを右に曲がると、部屋への入り口が連なり、我々の部屋は一番奥の十号室。
熟年夫婦法師温泉-31
熟年夫婦法師温泉-33
部屋に入ると、4畳の控えの間があり、その横に広縁付きの8畳の主室。
熟年夫婦法師温泉-19
熟年夫婦法師温泉-13
窓からは対岸の本館・法師乃湯の建屋を望めます。
熟年夫婦法師温泉-12-1
そして控えの間の窓側には扉があり、洗面所とトイレが備え付けられています。
熟年夫婦法師温泉-15
熟年夫婦法師温泉-20
風呂場は本館にもどり、売店とロビーの間の廊下を進んで行きます。ロビーには天然温泉の説明書き(法師乃湯)に加水、加温、循環なしと、
熟年夫婦法師温泉-51
熟年夫婦法師温泉-50熟年夫婦法師温泉-52
先ずは、長寿乃湯の入り口を通り越して法師乃湯へ、男女別の入り口はありますが浴場内は混浴(タオルや湯あみ着着用禁止)。
熟年夫婦法師温泉-53
熟年夫婦法師温泉-54
但し、女性専用時間を示す掲示板があり、その横には浴場内撮影禁止の注意書き。
残念ながら撮影できないため、下の写真はじゃらんのHPのものを借用。(尚、写真をクリックしますと長寿館の公式HPへ)
熟年夫婦じゃらん(長寿館)
入浴すると前評判通り、お湯は少しヌルットした感じの(アルカリ性)無色透明の素晴らしいお湯で、底から湧き出ている場所を探すのに多少時間がかかりましたが、確かに底から湧出していること確認しました。浴槽は4つに分かれていますが手前の槽の温度が若干高めであったように思います。
尚、湯上り後ロビーに3つの浴場の特徴が示された説明書き(下)がありましたのでご参考に。
熟年夫婦法師温泉-34
その後、長寿の湯にも入浴しましたが浴槽が意外に狭く、たまたま5人も入湯のため落ち着けなかったのですが、逆に玉城の湯は加温循環式ではあるも消毒剤の匂いはなく、浴槽は広く露天風呂もあり、源泉掛け流し並みのお湯をゆっくりと楽しめたことを報告しておきます。

一方食事の方ですが、夕食朝食共本館食事処で、
熟年夫婦法師温泉-40-1
夕食には豚の鍋物がメインの季節の会席料理、山奥のため食材の入手に難しさはあろうかと思いますが、いずれも味付けが濃く、残念ながら美味しいと思う料理はありませんでした。
熟年夫婦法師温泉-45

熟年夫婦法師温泉-46
夕食後部屋に戻ると、思いもよらぬ電灯に集まるカメムシに悩まされる一夜を過ごすことになり、備え付けの粘着テープで捕獲しても、しても、限りなく、灯りを消して早めに就寝することに。
率直に申し上げて、法師温泉のお湯はさすがに良かったのですが、この別館(国の登録有形文化財に指定)への宿泊はお薦めできません。