貝掛温泉の朝の長湯を最後に、10時に旅館をチェックアウトしました。
屋根には雪が積もっていますが、これでも今年の雪は少なく例年の半分ぐらいとのことでした。
貝掛温泉20
3日目の今日は、②地点の奥湯沢貝掛温泉から、まつだい芝峠温泉(雲海)に立ち寄りスノーシューウォーキング 
体験後、③地点の六日町温泉に戻って宿泊の予定です。
新潟―貝掛ルート2
約1時間半で芝峠温泉(雲海)に到着。
2雲海
ただ残念ながら心配していました雨が降ってきた為、この天気でのスノーシューウォーキングは無理と判断。 
丁度昼時で周りには何もないため、館内の「食堂・見晴らし」で昼食のため入館してみることにしました。
雲海は、日帰り入浴施設兼 
ホテル
(但し、温泉は加水、加温、循環式)で、
雲海1
なんと、食堂へ行くだけでも入館料600円(入浴料含む)を取られ、3階の食堂へ、「見晴らし」とは名ばかりで全く眺望のない畳敷きの大広間、テーブル前で寝転んでいる人もいたり結構混雑(
昔のヘルスセンターが思い出されます)、早くできそうな「ざるそば」を注文し早々に退館。
(今朝の源泉かけ流し温泉で満足のため、加温、加水、循環式の温泉へ敢えて入浴する気にはなりませんでした)。
スノーシューウォーキングが出来ず、チェックイン迄時間が余ったので、南魚沼市にあるトミオカホワイト美術館を訪問してみることにしました。
トミオカ
トミオカホワイト美術館館内
基本的にキャンパスの下地に黒を塗り、その上に白絵の具を塗って、パレットナイフのようなもので白絵の具をはぎ取って、黒を表示させ山や川、湖、海、樹木などを表現する独特の方法で、下地の黒がピンクやブルーのものもあるが、基本的に白との2色のみで全てが表現される絵画に感心させられました。
ゆっくり見学し、時間も15時近くになったので今日のお宿、六日町温泉、越路荘へ、
越路荘
越路荘玄関前
街の真ん中に5階建てのかなり古さを感じる建物。
温泉があるとは思われない様相でしたが、ホテル玄関前の駐車場横に源泉汲み揚げの施設と足湯が見受けられホットしました。
越路荘1
源泉汲み揚げ施設
館内もそれなりの古さは否めませんが、小奇麗にはされており、フロントでチェックイン手続きを終え、 
越路荘2
越路荘3
フロント及び鎧の展示があるロビー
3階の和室の部屋に案内され、
越路荘5
越路荘4
12畳の和室
案内係より当日は丁度、地元高校生のスキー合宿の団体が宿泊しているとの情報を受けました。ただ高校生の入浴時間(19時から約30分間)が限られているため、その時間は避けられた方が良いとのアドバイスがあり、早めに風呂場へ、

大浴場、露天風呂が各2カ所、男女入れ替え制、
越路荘6
 越路荘7
越路荘8
越路荘9
さすが自家源泉100%かけ流し、広い浴槽と豊富なお湯に大満足。尚、源泉の温度は47.5℃、Ph7.9と説明されていました。

食事の方ですが、夕食は部屋食で郷土料理和食膳で、 
越路荘10越路荘11
食事中、若女将が部屋まで来られ、挨拶される昔ながらの温泉宿の雰囲気を味わいました。