4日目の朝曇り空です。名残惜しい栗駒山荘を9時半にチェックアウトし、
熟年夫婦栗駒山荘50
今日はから④地点の鳴子温泉に向かいます。
岩手県10
昨日訪問の子安峡を通り過ぎ、県道51から310号線に入り20分程行くと、突然、草木のない灰白色の山肌が出現。
しかもいたるところから蒸気を吹き出しており、火山活動がいまだに継続しているような不気味な光景に遭遇。
熟年夫婦川原毛1
そのまま進むと、ここは川原毛地獄と呼ばれる案内板のある入口前にさしかかりました。
熟年夫婦川原毛7
思いがけない地獄との遭遇で、なおかつ 危険」 火山性ガス(有毒ガス)発生の注意書き(下)を見ると、中に入るのを躊躇してしまい今回は外から眺めるだけに留めました。
熟年夫婦川原毛8
次も地獄訪問ですが、すでに予定済みの鬼首温泉郷の地獄谷遊歩道散策場所まで、約1時間のドライブ。
熟年夫婦鬼首
P(パーキング)に車を留め、地獄谷遊歩道を進んでいきます。ここには間欠泉を伴う場所が3ヶ所あり、間欠泉に間近で出会える場所は国内でも希少とされています。
熟年夫婦鬼首1
熟年夫婦鬼首2
間欠泉
鬼首温泉郷を後に紅葉で有名な鳴子峡へ、
熟年夫婦鳴子峡3
熟年夫婦鳴子峡7
丁度紅葉真っ盛りで、沢山の観光客で大変混雑していました。
 
今日のお宿は鳴子温泉・鳴子ホテル、鳴子峡から約10分で到着。鳴子ホテルは13階建てのビルが連なる大規模ホテル。 
熟年夫婦鳴子温泉
ホテル玄関前
熟年夫婦鳴子ホテル7
フロント&ロビー
チェックイン後案内された部屋は青葉館の10階、予約していた2016年リニューアル済みのツインベッドの禁煙洋室。
熟年夫婦鳴子ホテル8
部屋に入ってビックリ、これでリニューアル?、温泉ホテルの雰囲気はどこに~?、まるでビジネスホテルの部屋の雰囲気、しかもカーテンを開けると前は小学校の校庭です。
熟年夫婦鳴子ホテル9
案内係から玉の湯と、芭蕉の湯の風呂場(時間帯で男女湯が変化)の説明を受け、浴場に向かいましたが、青葉館(旧館)の10階から1階に下り、紅葉館(新館)を端から端まで歩き、又エレベーターで風呂場までかなりの距離を歩かされます。しかも敷かれた絨毯の下に何ヶ所か凹凸があり、その都度つまづいてコケそうになりました。何とか風呂場に到着しましたが、団体客でごった返すいっぱいの人で、ゆっくり温泉に浸かる雰囲気ではなく、温泉の良さを感じる余裕がありませんでした。
尚、源泉の温度は67℃、Ph8.0 低調性弱アルカリ性高温泉と説明されていましたが、玉の湯の露天風呂のみが源泉100%かけ流しと記されていました。

食事の方ですが、夕食、朝食共バイキングで、夕食は17:30~19:00と19:00~20:30のいずれか90分を選択する必要があり、この地でこの混みようには驚かされます。
又朝食は7時からということで、7時丁度に食堂に行きましたが、すでに長蛇の列でうんざりでした。 
 
不満が募る鳴子ホテルを8時にチェックアウト、地点の花巻空港に向かいましたが、
岩手県9
途中、以前訪問の毛越寺の極楽浄土庭園に、紅葉チョット見のため立ち寄てみました。
熟年夫婦毛越寺9
大泉が池の周りのもみじの木が綺麗に紅葉。
熟年夫婦毛越寺
熟年夫婦毛越寺2
熟年夫婦毛越寺5
花巻空港には11時に到着、レンタ―カーを返却し(今回の走行距離:760km)、12時20分発のフライトで無事伊丹空港に帰着しました。

1
日目、田沢高原温泉に戻る
)
)
((次の富士五湖巡りの旅へ))


今回の訪問先を日本地図上にプロットしました。
日本地図13-1
離島

★2016年度訪問先[お宿]
 
★2015年度訪問先[お宿]

東北(11月28日~12月2日)

上信越(10月20日~24日)

上信越(8月25日~29日)

北海道(7月14日~19日)

甲信越(5月10日~15日)

信州(桜のお花見)(4月19日~21日)

★2014年度訪問先[お宿]









(付録)
温泉旅日記の計画中の間は更新が滞ってしまいますので、その間は思い出に残るこれまでの海外旅行を「熟年夫婦の海外旅行回顧録(車の旅:北アメリカ編、&列車の旅:ヨーロッパ編)」として綴っていくことにしました。
本文と合わせて、ご興味を持たれる方は下の文字をクリックされてご覧ください。

           ~更新中~