ブログネタ
やっぱ、露天! に参加中!


雪見の源泉かけ流し露天風呂
を求め、3泊4日(2015年1月13~16日)の予定で、宮城、山形県境に位置する有名な温泉郷を巡りました。
出発は大阪伊丹より、仙台空港まで飛行機を利用し、0地点の仙台空港からレンタカーを借りて下図①~③地点の各温泉地青いルートに沿って巡りました。尚、赤字の箇所は観光立ち寄りスポットです。
ルート
伊丹12時05分発JAL2205便を利用し、定刻の13時20分無事仙台空港に到着。
cats6
仙台の空港ターミナル1階フロアの柱には、3.02メートルまで到達した津波の高さを明示する標識が描かれており、3・11の東北地方太平洋沖地震による津波の大災害が思い出されます。
Sendaiairport_tunami201307
津波の影響で、ターミナル近くにあったレンタカー会社の建家も流失してしまい、現在は空港ターミナルから少し離れた新設の建家まで、シャトルバスによる送迎となっています。
今回用意されていたレンタカーは日産ティーダ(スタッドレス、4WD)でした。
ティーダ
早速、①地点の蔵王温泉に向け出発しました。この時期、仙台地方には雪の積雪は全くなく、山形自動車道に入り暫く行くと、道路脇に除雪された雪と、雪に覆われた山々が見えてきました。
蔵王山
仙台空港から1時間半程で、雪国と化した今日のお宿、蔵王国際ホテルに到着。
IMG_1122
ホテル玄関前
cats1
フロント&ロビー
南館
部屋の窓からスキー場のゲレンデがすぐそばに見えており、次回冬季の訪問機会があれば、スキーも楽しめる日程を計画したいと思いました。
窓景色
肝心の温泉ですが、ホテル自慢の八右衛門の湯で、待望の雪見露店風呂に入浴です。
露天
ここ蔵王国際ホテルの源泉温度は49.2度、pH1.9の強酸性の硫黄泉で少しにごり湯。しかし入浴しても強酸性の感触は全くなく、本当に気持ちのよい温泉です。露天風呂は石造りで、右側の湯があつめ(100%源泉かけ流し)、左側の湯は少しぬるめと、石で区切られた2浴槽となっています。翌朝を含め計3回の雪見露天温泉を楽しみました。
食事の方は、南館1階のダイニングルームで夕食にすき焼き鍋を頼み、ボリュウムのあるお肉で満腹しました。