ブログネタ
甲信越地方の温泉 に参加中!


2日目の今日は、雨の予報に反し、嬉しい事に少し青空が見えています。
玉屋1
部屋の窓からは、満開の桜が見えます(上田城跡公園と標高の差なのでしょうか?)。
しかも昨日、軽井沢方面から来られた宿泊客の情報で、小諸懐古園の桜が満開だったとの情報を耳にしていたので、雨の降らないうちにと、朝食後早々にチェックアウト。
フロントで小諸までのルートを問合わせたところ、道路沿いに大きなシダレザクラが見られる笠取峠経由のルートで小諸へ、また桜とは関係ないのですが、近くの安楽寺にある珍しい国宝「八角三重塔」への立ち寄りをアドバイスされました。
小諸1
小諸までのドライブ・ルートマップ(青の破線
8時30分玉屋旅館を出発し、まずは安楽寺へ、本堂から山道風の階段を5分ほど登って行くと、山の中に国宝の八角三重塔がそびえ立っていました。
IMG_0001
 三重
安楽寺は長野県で最古の禅寺で、我が国 
唯一の八角三重塔と説明されています。
雨が降ってきたので足早で車に戻り小諸へ、
笠取峠付近のシダレザクラが見事に満開でした。
シダレ1
シダレ2
シダレ5
丁度11時小諸城跡懐古園に到着。
懐古園1
ここ懐古園には動物園や遊園地もあるようですが...
入口
とりあえず奥に進むと、「仙石秀久が築いた穴城」とありました。急な訪問でガイドが頼めなかった為、後で調べてみますと穴城と称される由縁は、城下町より城の奥に向かうに従い、標高が下がるという珍しい構造の為で、浅間山の火山灰で出来ている谷と丘を利用して造られ、水を用いず崩れやすい断崖が堅固な要塞となっているらしいです。
「関ヶ原の戦い」では徳川軍がここ小諸城に入り、西軍・真田昌幸の上田城攻めに使われたとされています。
ただ、当時の建造物で残っているのは城内の石垣と、懐古園の入り口の三の門のみ。

入園料500円/人を払って中に入ると、「本丸を経て馬場」への案内版があり、
案内板
その方向へ進むと本丸跡に懐古神社が!
神社
神社横の石段を下りると馬場へつながっており、満開の桜が見事に咲き誇っていました。
桜3
桜4
桜2
桜5
幸いなことに少し薄日が差す天気で、色の違う桜の花がそれぞれ満開で感動。
1時間程の滞在を終え、今回旅行の当初の主目的地、高遠城址公園に向かいました。
飯田1
約2時間のドライブで高遠に到着しましたが、嫌な予感が当たり、桜の花は殆ど散り終わり雨も激しくなってきた為、やむなく素通りし今日のお宿、飯田城温泉 天空の城 三宜亭本館に直行することになりました。
玄関
三宜亭本館玄関 
フロント
ロビー
フロント&ロビー
案内された部屋は眺望の良い3階の角部屋で、天気が良ければ南アルプスの山々を望めるのですが、残念ながら今日はあいにく雨のため全く見えません。
部屋1
さらにチェックイン時、団体客のバスが到着していた為、早々に浴場へ向かいました。下の写真は室内のパンフレットに載っていたもので、浴場は男性用と女性用が同じ形でフロアー別となっており、眺めの良い天空温泉へ、団体客を出し抜いたつもりだったのですが...
hu_img1_09
温泉
浴場に着いてみると、脱衣場はまるで公衆浴場の様相で、ホテルの浴衣を着てるのは自分が1人ぐらいで、外部からの入浴客でいっぱいでした。
IMG_1285
温泉入口の扉の写真ですが、「髪染め禁止」と注意書きがあったのには唖然としました。
深層1,300mより湧出する飯田城温泉は、源泉温度39度、Ph9.87の無色透明・強アルカリ性で、大浴場は、掛け流し式と濾過循環式を併用した「放流循環併用式」を採用しているとのことでした。ただ、強アルカリ性の割にヌルヌル感は殆どありませんでした。
また、併設の露天風呂は、非常に狭く3~4人も入れば満杯になるぐらいですが、天気が良ければアルプスの山々が眺められて、温泉の印象がさらに良くなったかもしれません...

食事の方ですが、夕食は団体客とは別の半個室のお食事処で、朝食は、大会場で、どちらもあまり特徴がない一般的な内容でした。
21日の朝食後、飯田ICより、中央道、名神高速を経て、約4時間のドライブで自宅に戻りました。尚今回の全走行距離は、1,006Kmとなりました。


今回の訪問先を日本地図上にプロットしました。
IMG(日本白地図)12-1

2015年度先[お宿]

信州(桜のお花見)(4月19日~21日)
 長野県 飯田城温泉  [三宜亭本館]
 長野県 別所温泉     [玉屋旅館]

蔵王~鳴子温泉(1月13日~16日)

★2014年度訪問先[お宿]

東北(紅葉&温泉)(10月19日~25日)
 
群馬県 花敷温泉    [花敷の宿]
 福島県 二岐温泉    [大丸あすなろ荘]:日本秘湯を守る会
 山形県 小野川温泉  [河鹿荘]
 福島県 高湯温泉    [安達屋旅館]
 福島県 岳温泉     [空のリゾート]
 新潟県 角神温泉    [ホテル角神]

鳥取~玉造温泉(9月2日~4日) 
 
 島根県 玉造温泉   [長楽園]
 鳥取県 岩井温泉   [岩井屋旅館]:日本秘湯を守る会

花巻(八幡平)~男鹿半島(7月13日~18日) 
  岩手県 山の神温泉     [優香苑]
  秋田県 男鹿温泉      [元湯・雄山閣] 
 秋田県 水沢温泉郷    [駒ヶ岳温泉]
  岩手県 つなぎ温泉    [湯守・ホテル大観]
 岩手県 松川温泉       [峡雲荘]:日本秘湯を守る会

奥飛騨温泉郷(5月15~17日)
  岐阜県 福地温泉    [山里のいおり・草円]
 岐阜県 平湯温泉    [匠の宿・深山桜庵] 

長崎~(天草)~佐世保 (3月31日~4月5日)
  長崎県 ハウステンボス温泉[ホテルオークラ・ハウステンボス]
  長崎県 雲仙温泉   [宮崎旅館]
  長崎県 雲仙温泉   [民芸モダンの宿・福田屋]
  熊本県 下田温泉   [泉屋旅館]
 長崎県 小浜温泉   [伊勢屋旅館]

新潟~裏磐梯(1月27~31日)
  新潟県  月岡温泉    [白玉の湯・華鳳]
  福島県  湯野上温泉  [籐龍館]
  福島県  猫魔温泉    [星野リゾート・裏磐梯ホテル]
  
新潟県  麒麟山温泉  [絵描きの宿・福泉]

はじめまして


(付録)
温泉旅日記の計画中の間は更新が滞ってしまいますので、その間は思い出に残るこれまでの海外旅行を「熟年夫婦の海外旅行回顧録(車の旅:北アメリカ編、&列車の旅:ヨーロッパ編)」として綴っていくことにしました。
本文と合わせて、ご興味を持たれる方は下の文字をクリックされてご覧ください。

 熟年夫婦の海外旅行回顧録  

           ~更新中~