熟年夫婦の温泉旅日記

源泉掛け流しを求めて…。熟年夫婦が全国の温泉を旅して歩いた記憶を辿ります。本ブログ記事には広告が掲載されておりますがご了承下さいな。

川又温泉の日帰り入浴

北海道の寒い冬、穏やかな雪景色が広がる川又温泉へと、熟年の夫婦で訪れました。雪国ならではの雪景色と、温泉の湯けむりが混じり合う中、心地よい疲れと寒さを癒しに、ゆっくりと湯浴みを楽しみました。 川又温泉は、山々に囲まれた静かな場所にあり、その地の自然が生み出す静寂が心地よく感じられました。冬の北海道ならではの白銀の世界が、まるで絵画のように広がっています。雪が舞い散る中、足跡を残しながら宿へとたどり着きました。 宿は温泉地ならではの趣のある建物で、雪の重みに耐えながらも美しく佇んでいました。玄関を開けると、温泉の芳香と共に、暖かなお出迎えが待っていました。係の方々は優しく笑顔で迎えてくれ、早速チェックインを済ませ、部屋に案内されました。 部屋からの眺めは素晴らしく、窓の外には静寂な雪景色が広がっていました。夫婦で手をつなぎながら、暖房のきいた室内で、冷えた身体を温泉で癒すことを心待ちにしていました。早速温泉に浸かることに決め、夫婦で湯船にゆっくりと浸かりました。 温泉に浸かりながら感じたのは、泉質の良さと湯温の心地よさでした。泉質は肌に優しく、温かい湯に身体が包まれる感触はまさに天国のようでした。外は寒冷な空気だが、湯船に浸かれば身体がぽかぽかと温まり、心地よい疲れがほぐれていく感覚に包まれました。 湯上りには、宿の食事が待っていました。地元の食材をふんだんに使った料理は、美味しさと温もりを感じさせてくれました。夫婦でお互いのお気に入りの料理を交換しながら、温泉と共に過ごす夜は、まるで幸せな夢のようでした。 翌朝、窓の外には夜降った雪が積もり、一面が銀世界に覆われていました。朝食後、宿を後にする時、雪国ならではの景色に心が洗われました。川又温泉での滞在は、寒さと温泉、美味しい食事と心地よいサービスが調和した、まさに至福のひとときでした。北海道の冬の魅力を満喫しつつ、夫婦の絆も深まった温泉旅行となりました。

ザイオンの日帰り入浴

モニュメント・バレー~ザイオン(10日目)今日の宿泊地ザイオンに向け、8時30分モニュメント・バレーを出発し、下図の赤線に沿って走行しました。

グサークル19約30分程でKayentaの町を通り過ごしています。
Kay
アーチーズから続いた赤土は不思議なくらい姿を消しています。その後98号線に入り、to zaion3
白い土に覆われた大地が現れてきました to zaion8
大地の中を疾走中Clip 1(63)
アンテロープ・キャニオン近くの寂れた場所に、突然3本の高い煙突のある建家が出現
(後で分かった事ですが、Navajo Generating Stationの名前で、ナホバ族が建設した火力発電所だったそうです 
) モニュメント・バレーから、約2時間ほどのドライブで、グランドサークルの中心地「レイク・パウエル」に...コロラド川をせき止め、人造湖を作ったグレン・キャニオンダムに到着しました。to zaion10
グレン・キャニオン橋を走行中グレン・キャニオンダム・ビジターセンター内からの撮影Clip 2(4)
先ほど渡ってきたコロラド川に架けられたグレン・キャニオン橋Clip 2(8)
グレン・キャニオンダムto zaion13
全く緑がないレイク・パウエルの異様な湖岸レイク・パウエルを後に、約2時間ほどのドライブでZion National Parkに到着。zion1zion2zion3
これまで見慣れた赤土と違い、白い地肌が眩しいほどです 今日のホテルはZion National Park入口近くのCliffrose Lodge & Gardensに宿泊です。Zion22
Zion23Zion25緑いっぱいの庭と、夕日に映える岩山の眺め(部屋の前からの景色です)
明日は、ザイオン国立公園を回ります。
 
*1
*2 
 

*1: 

6月10日(Monument Valley)
 
| 6月12日(Zion National Park

*2:トップページへ 思い出に残る車の旅(北アメリカ編)

カルルス温泉の日帰り入浴

北海道の寒さが最も厳しい2月、熟年の夫婦は雪深い地を訪れるべく、静寂に包まれたカルルス温泉へ足を運びました。雪国ならではの美しい風景と、温泉の湯けむりが期待を膨らませています。 宿に到着すると、まずは雪の重みに耐えるかのように佇む宿の美しい外観が夫婦を出迎えました。雪に覆われた木々と建物の一体感が、まるで自然と一体化しているかのような趣きを感じさせました。宿内に足を踏み入れると、静寂に包まれた中で心地よい湯けむりが漂っていました。 夜になると、窓からは外の雪景色が静かに広がります。雪が降り積もり、まるで銀の絨毯が広がったかのような美しい光景が広がります。湯船に浸かりながら、夜の美しさに魅了された夫婦は、まるで自然と一体化したかのような幻想的な雰囲気に身を委ねました。 湯船から上がると、夜の宴が待っています。宿のシェフが用意した地元の食材を使った料理は、四季折々の味覚が舌を喜ばせました。外は寒いけれども、心地よい温泉と美味しい食事で、夫婦は冷えた身体を温め、心も温まっていくのを感じていました。 朝になると、窓から差し込む光が雪原を優雅に照らし、新しい一日の始まりを告げていました。湯船に浸かりながらの朝食は、外の寒さとは裏腹に身体を温め、新しい一日への活力を注入してくれるものでした。窓の外に広がる雪景色と共に、夫婦はカルルス温泉での滞在がまるで冬の夢のような特別なひとときとなりました。

登別温泉の日帰り入浴

北海道の厳冬の寒さがまだまだ厳しい2月、登別温泉に足を運んだ熟年の夫婦。雪国ならではの美しい風景と、湯けむりが絡み合う温泉の癒しに期待を膨らませています。 宿に到着すると、まずは雪の中に佇む宿の美しい外観が夫婦を迎えました。雪に覆われた木々が静かな雰囲気を醸し出し、まるで雪の精霊が宿を守っているかのような趣きがありました。宿内に入ると、温かなおもてなしと湯船から漂う心地よい香りが夫婦を出迎え、旅の疲れを一瞬で癒してくれました。 夜になると、窓からは外の雪景色が広がります。雪が静かに降り積もり、まるで銀世界に包まれたかのような幻想的な雰囲気が漂います。湯船に浸かりながら外の景色を眺めると、夫婦はまるで雪の中に浮かぶ露天風呂にいるような感覚に包まれました。 湯船から上がると、夜の宴が待っています。宿のシェフが用意した地元の食材をふんだんに使った料理は、四季折々の味覚が舌を喜ばせました。夫婦は美味しい料理と共に、外の雪景色を楽しむひとときを過ごしました。外は寒いけれども、心地よい温泉と美味しい食事で、夫婦は冷えた身体を温め、心も温まっていくのを感じていました。 朝になると、窓から差し込む光が雪原を照らし、新しい一日の始まりを告げていました。湯船に浸かりながらの朝食は、外の寒さとは裏腹に身体を温め、新しい一日への活力を注入してくれるものでした。窓の外に広がる雪景色と共に、夫婦は登別温泉での滞在がまるで冬の夢のような特別なひとときとなりました。

定山渓温泉の日帰り入浴

寒さが厳しさを増す中、私たちは冬の魅力を存分に味わえる温泉地、定山渓温泉へと訪れました。北海道の奥座敷に佇むこの温泉地は、雪化粧した自然と温泉の共演が、まさに心身を包み込む魔法を紡ぐようでした。 宿に足を踏み入れると、雪が積もった風景が一面に広がりました。まるで雪国の絵巻物を歩いているかのような錯覚に陥り、寒空の中で宿へと足を進めました。建物は重厚感がありながらも、温かな灯りが外の寒さを忘れさせ、まるで雪の中の隠れ家に迷い込んだような気分にさせてくれました。 ロビーに足を踏み入れると、温泉地ならではの懐かしさが漂っていました。古き良き日本の趣と、現代の快適さが調和した中、丁寧なおもてなしに出迎えられ、旅の疲れを一気に癒すことができました。部屋に案内されると、窓の外には雪景色が広がり、一瞬で冬の美しさに引き込まれました。 温泉に浸かる瞬間、湯船から立ち上る湯気が寒さをしのがせていきます。湯船に浸かると、身体の芯から温まり、冷たい外の空気と温泉のぬくもりが絶妙に調和していました。泉質の良さが身に染み渡り、まるで温泉の魔法が心と身体を包み込むようでした。 定山渓温泉の名物である露天風呂は、雪景色との調和が美しい贅沢なひとときでした。雪が積もる中、露天風呂から見上げる空は一面の星空に覆われ、まるで夢の中にいるような錯覚を覚えました。寒い外の空気と温泉の温もりが、心地よい疲れを洗い流していく感覚は格別でした。 夜になり、宿の食事処では地元の食材をふんだんに使った料理が供されました。新鮮な海の幸や山の幸が織り交ぜられ、その美味しさに感動しました。温泉で温まった身体に染み渡るような料理は、まさに冬の夜にぴったりの贅沢なひとときでした。 宿の中で静かな夜が訪れ、窓の外では雪が積もり積もっていきます。室内には暖炉の炎が揺らめき、夫婦でゆっくりと過ごす時間はまるで冬の夢のようでした。 旅の翌朝、雪化粧の庭を見送りながら宿を後にすると、心には定山渓温泉でのひとときが深く刻まれていました。寒冷な季節だからこそ感じる温泉の優雅さと、雪国ならではの美しさ。この冬の贅沢な冒険は、心に残る宝物としてずっと心に刻まれることでしょう。

由仁温泉の日帰り入浴

寒い2月のある日、私たちは日本の奥座敷に広がる由仁温泉へと足を運びました。雪深い冬の季節、温泉地が一層の魅力を放つこの時期に、夫婦でのんびりとしたひとときを楽しむためにやってきました。 由仁温泉は、青森県の奥地に広がる静寂な温泉地であり、その趣深い雰囲気が私たちを迎えてくれました。宿に到着すると、雪に覆われた庭園が広がり、まるで雪国の絵巻物のような景色が広がっていました。雪の重みに耐えるように佇む建物は、風格を感じさせ、まさに冬の中に佇む温かな拠点となっていました。 ロビーに足を踏み入れると、温泉地ならではの懐かしさと重厚な趣が漂っています。古き良き日本の風情が感じられる中、丁寧な接客と温かな雰囲気が、旅の始まりを一層特別なものにしてくれました。部屋に案内されると、和室の静寂な空間が広がり、雪景色を眺めながらのんびりと過ごすことができる贅沢さに心が躍りました。 温泉に浸かる瞬間、湯船から立ち上る湯気が冷たい外の空気と交わります。湯船に浸かると、身体が芯から温まり、冷たい冬の寒さが一瞬で忘れ去られました。泉質の良さが実感できる、まさに天然の癒しの力に包まれた瞬間でした。 由仁温泉の魅力の一つである露天風呂は、雪景色と一体化していました。雪が降り積もる中、開放的な露天風呂から見上げる空は、静寂と神秘の美しさに満ちていました。寒い外の空気と温泉の温もりが調和し、まるで時間が止まったかのような至福の瞬間でした。 夜になり、宿の食事処では地元の食材をふんだんに使った料理が供されました。新鮮な海の幸や山の幸が彩り豊かに並び、その美味しさに舌鼓を打ちました。温泉で温まった身体に染み渡るような料理は、まさに北の大地の恵みを味わう贅沢な時間でした。 夜は宿の中でゆっくりと過ごし、温泉地ならではの静謐な雰囲気に包まれました。窓の外では雪が舞い、室内には暖炉の炎が灯り、夫婦で語らうひとときはまさに幸せな時間でした。 旅の翌朝、雪化粧の庭を見送りながら宿を後にすると、心には由仁温泉でのひとときが深く刻まれていました。冷たい冬の季節だからこそ感じる温泉の温もり、静寂なる大自然の美しさ。これからも心に残る旅の一ページとして、大切に思い出すことでしょう。

虎杖浜温泉の日帰り入浴

北海道の寒さが一層厳しくなる2月、虎杖浜温泉に足を運んだ熟年の夫婦。北海道ならではの雪景色と、温泉の優雅な時間が彼らを待っています。 宿に到着すると、雪に覆われた木々が美しい庭園が広がりました。寒空に映える雪の結晶が、まるで宝石のように輝いていました。宿のスタッフは温かな笑顔で迎え、まるで昔からの友人に再会したかのような居心地の良さを感じさせてくれました。宿内に足を踏み入れると、温泉の湯気が立ち上り、ぬくもりが心地よく広がっていました。 夜になると、宿の窓からは外の雪景色が幻想的に広がります。雪国特有の静寂と、温泉街の灯りが調和して、夫婦はまるで別世界に迷い込んだかのような錯覚に陥りました。外は寒いけれども、湯船に浸かりながら身体が温まり、夫婦は寒さを感じなくなっていくかのようでした。 湯船から窓の外を眺めると、雪が静かに降り積もり、まるで自然が宿を包み込んでいるかのようでした。湯船の中で、寒冷な外の空気と温泉の温もりが調和し、夫婦は静かな時間に身を委ねていました。 夕食は、宿のシェフが地元の新鮮な食材を用いた料理が夫婦を迎えました。四季折々の味覚が口の中で舞い踊り、夫婦の舌を喜ばせました。窓の外では雪が輝き、まるで夕食が雪国の風情と一体化しているかのようでした。 朝になると、窓から差し込む光が雪原を優雅に照らし、新しい一日の始まりを告げていました。温泉に浸かりながらの朝食は、外の寒さとは裏腹に身体を温め、新しい一日への活力を注入してくれるものでした。窓の外に広がる雪景色と共に、夫婦は静かな朝の美しさに感嘆し、虎杖浜温泉での滞在はまるで冬の夢のような特別なひとときとなりました。

白老温泉の日帰り入浴

北海道の大自然に抱かれるように佇む白老温泉。厳冬の2月、熟年の夫婦はこの雪国の宝石に足を踏み入れました。白銀の世界と温泉の魅力が織りなす、心温まる旅の記録が始まります。 宿に辿り着くと、雪に覆われた並木道が迎えてくれました。白老温泉の宿は、まるで雪景色の中に佇むような佇まいで、夫婦はその美しさに圧倒されました。雪が宿を包み込み、まるで冬の童話の世界に迷い込んだかのようでした。宿のスタッフは温かな笑顔で出迎え、まるで昔からの友人に再会したようなほっこりとした雰囲気が広がっていました。 夜になると、宿の窓からは外の雪景色が静かに広がり、夫婦はまるで幻想的な絵画の中にいるかのような気分に浸りました。温泉街の灯りが雪に映え、まるで夜空に舞う雪の精霊が宿を見守っているかのようでした。外は寒いけれども、湯船に浸かりながら身体が温まり、夫婦は寒さを感じなくなっていくかのようでした。 湯船から窓の外を眺めると、雪が静かに舞い散り、まるで自然と一体化したかのような美しい光景が広がりました。湯船の中で、寒冷な外の空気と温泉の温もりが調和し、夫婦は静寂な時間に身を委ねていました。 夕食は、宿のシェフが地元の新鮮な食材を用いた料理が夫婦を迎えました。四季折々の味覚が口の中で舞い踊り、夫婦の心を豊かにしました。窓の外では雪が輝き、まるで夕食が雪国の情緒と一体化しているかのようでした。 朝になると、窓から差し込む光が雪原を照らし、新しい一日の始まりを告げていました。温泉に浸かりながらの朝食は、外の寒さとは裏腹に身体を温め、新しい一日への活力を注入してくれるものでした。窓の外に広がる雪景色と共に、夫婦は静かな朝の美しさに感嘆し、白老温泉での滞在はまるで冬の夢のような特別なひとときとなりました。

モニュメント・バレーの日帰り入浴

モニュメント・バレー(10日目)今朝のジープツアー6時スタートの予約でしたが、寝過ごして、6時半になってしまいました。さらに朝陽に映えるモニュメントを期待していたのですが、残念ながら曇り空です。monu1この薄暗い状態で、ジープツアーをスタートし下図の赤線のコースを巡りました。monument_valley_map1Clip 1(3)
間近で見るWest Mitten ButteClip 1(4)
Elephant Butte
monu5
 Camel Butte 
monu4
Three Sisters 
約10分程で、John Ford's pointに到着しました。
monu6monu7
 ジープツアーの車とガイド(ナバホ人)
今にも馬にまたがったインディアンが出没しそうです。monu9
昔の西部劇映画に登場した数々の場面が思い出されます。
monu8
ジョンフォード映画監督が好んだJhon Ford Rockも目前に見えます。
その後、岩の上で雨乞いをしたと云われる、Rain God Mesaを左手に見てさらに奥へ...rain G途中、ナバホ族の伝統的なドーム状の住居(ホーガン)が見られました。尚、中央にある黒い建家は、暑い時に風通しの良い涼しい場所で過ごすためのものと、ガイドから説明を受けました。hoganコースのほぼ南端に到着。砂岩に空いた穴、Sun's Eyeと名づけられている。Sun's eyeSun's eye2この下にナバホ族の祖先が居住していたと思われる台所の跡と説明あり壁画
横の壁には動物の壁画(約千年前)が残されている。
最南端の
Ear Of The Windと名づけられた、砂岩のかなり大きなトンネルアーチ
 
earBig Hoganと呼ばれる天井に穴があいた洞窟
B Hogan
その後、帰路に、放牧の牛が...cow
ナバホ人の誰かの所有物らしいです
 
totem
右手にTotem Poleを眺めて、8時30分出発地点に戻りました。 (

*1:トップページへ 思い出に残る車の旅(北アメリカ編)

樽前温泉の日帰り入浴

北海道の寒さが一層厳しくなる2月、樽前温泉に足を運んだ熟年の夫婦。雪化粧した風景と共に、彼らは温泉の魅力に満ちた旅に期待を寄せていました。 宿に到着すると、雪に覆われた木々が美しい庭園が広がっていました。静かな雪景色の中、まるで北海道の大自然が宿を包み込むかのような雰囲気に夫婦は心を奪われました。宿内に足を踏み入れると、温泉の湯気が立ち上り、温かな雰囲気が夫婦を出迎えました。 夜になると、宿の窓からは外の雪景色が幻想的に広がり、夫婦はまるで冬の童話に迷い込んだような気分に浸りました。温泉街の灯りが雪に映え、まるで夜空に舞う雪の精霊が宿を見守っているかのようでした。外は寒いけれども、湯船に浸かりながら身体が温まり、夫婦は寒さを感じなくなっていくかのようでした。 湯船から窓の外を眺めると、雪が静かに降り積もり、まるで夜空に舞い散る銀の粉が宿を包み込むようでした。湯船の中で、自然の美しさと温泉の温もりが心地よく調和し、夫婦は時の流れを忘れてしまったかのようでした。 夕食は、宿のシェフが地元の新鮮な食材を使った料理が夫婦を迎えました。四季折々の味覚が舌を楽しませ、夫婦の会話も深まるひとときでした。窓の外では雪が輝き、まるで夕食が雪国の情緒と一体化しているかのようでした。 朝になると、窓から差し込む光が雪原を照らし、新しい一日の始まりを告げていました。温泉に浸かりながらの朝食は、外の寒さとは裏腹に身体を温め、新しい一日への活力を注入してくれるものでした。窓の外に広がる雪景色と共に、夫婦は静かな朝の美しさに感嘆し、樽前温泉での滞在はまるで冬の夢のような特別なひとときとなりました。

しらかば温泉の日帰り入浴

北海道の大地が雪に覆われ、静寂な中に佇むしらかば温泉。熟年の夫婦は、この雪国の奥深さと温泉の魅力を求め、寒さと温もりの調和に包まれた旅へと足を踏み入れました。 宿に到着すると、木々が雪に白く覆われ、まるで冬の妖精が住むような趣きが漂っていました。宿のスタッフは温かな笑顔で迎え、まるで昔からの友人に再会したような親しみを感じさせてくれました。宿内は温泉の香りと共に満ち、まるで大自然が宿の中に広がっているようでした。 夜になると、宿の窓からは外の雪景色が幻想的に広がり、夫婦はまるで雪国の絵画の中にいるかのような錯覚に酔いしれました。温泉街の灯りが雪に映え、まるで夜空に舞う雪の精霊が宿を見守っているかのようでした。外は寒いけれども、湯船に浸かりながら身体が温まり、夫婦は寒さを感じなくなっていくかのようでした。 湯船から窓の外を眺めると、雪が静かに舞い散り、まるで自然と一体化したかのような美しい光景が広がりました。湯船の中で、冷たい外の空気と温泉の温もりが心地よい調和を奏で、夫婦は静かな時間に身を委ねていました。 夕食は、宿のシェフが心を込めて用意する地元の新鮮な食材を使った料理が夫婦を迎えました。四季折々の味覚が心を豊かにし、夫婦の舌を喜ばせました。窓の外では雪が積もり、まるで夕食が雪国の風情と一体化しているかのようでした。 朝になると、窓から差し込む光が雪原を優雅に照らし、新しい一日の始まりを告げていました。温泉に浸かりながらの朝食は、外の寒さとは裏腹に身体を温め、新しい一日への活力を注入してくれるものでした。窓の外に広がる雪景色と共に、夫婦は静かな朝の美しさに感嘆し、しらかば温泉での滞在はまるで冬の夢のような特別なひとときとなりました。

ながぬま温泉の日帰り入浴

寒い冬の日、私たちは温泉の魔法に誘われ、ながぬま温泉へと足を運びました。まだまだ雪深い2月、湯けむりが立ち昇る温泉地は、まさに心と身体を癒す楽園のようでした。 宿に到着すると、雪の絨毯に覆われた静寂な庭園が広がっていました。足元はふかふかとした雪に包まれ、まるで魔法の国に足を踏み入れたかのような気分に浸りました。温泉宿の重厚な建物は、季節感を感じさせる味わい深い雰囲気で迎えてくれました。 ロビーに足を踏み入れると、暖炉の前に座ったカップルや友人たちが、静かに寛ぐ姿がありました。温かな灯りが部屋を包み込み、まるで時間がゆっくりと流れているかのような雰囲気に包まれました。古き良き趣が漂う中、心が穏やかな気持ちになりました。 部屋に案内されると、窓から見える雪景色が幻想的でした。和室の中に佇むと、畳の上に敷かれた敷布団が心地よい温もりを運んできます。部屋からの眺めはまさに絶景で、雪景色と温泉地の調和が、まるで自然と一体化しているかのようでした。 温泉に浸かる瞬間、湯船から立ち上る湯気が冷たい外の空気と交わります。泉質の良さが身体を包み込み、心地よい疲れが一気に浮かび上がっていく感覚。湯船に浸かりながら、外は静かに雪が舞い、まるで別世界に迷い込んだような錯覚に陥りました。 特にながぬま温泉の名物である露天風呂は、開放感あふれる贅沢なひとときでした。雪の中に佇む湯船から見上げる星空は、まるで天の川が私たちに微笑んでいるようでした。寒さと温泉の温もりが心地よい疲れを一掃してくれました。 夜になり、宿の食事処では地元の食材をふんだんに使った料理が供されました。新鮮な海の幸や山の幸が彩り豊かに並び、その美味しさに舌鼓を打ちました。温泉で温まった身体に染み渡るような料理は、まさに幸福なひとときを約束してくれました。 夜は雪が積もり、窓の外では静かな冬の夜が広がります。宿の中では、温泉地ならではの静謐な雰囲気が漂い、夫婦でゆっくりと過ごす時間はまさに穏やかな夢のようでした。 旅の翌朝、宿を後にする際には、心がリフレッシュされたような感覚が広がっていました。ながぬま温泉での滞在は、まるで冬の夢の中にいるような非日常体験でした。寒い季節だからこそ味わえる温泉の魅力に感謝し、心に残るひとときとなりました。

秩父別温泉の日帰り入浴

寒空の下、冷たい風が身にしみる中、夫婦で訪れた秩父別温泉。北海道の奥深く、自然の美しさに抱かれたこの温泉地は、まるで冬の童話の中にいるような魔法の場所でした。 宿に足を踏み入れると、雪が舞い散る中、温かな灯りが迎えてくれました。木のぬくもりが感じられるロビーには、静寂と穏やかな雰囲気が広がっています。古き良き日本の趣が漂い、まるで時がゆっくりと流れているかのような錯覚に陥りました。 部屋に案内されると、窓の外には銀世界が広がっています。雪景色と一体化した和室は、心を和ませる美しさでした。窓から差し込む光が、部屋を柔らかな雰囲気で包み込んでいます。寒さを感じさせないその空間に、心が安らぎを見つけました。 温泉に浸かる瞬間、湯船から立ち上る湯気が寒さを一掃していきます。泉質の良さが身に染み渡り、身体の芯から温まる感触。湯に浸かりながら、外は雪が舞い、まるで別世界に迷い込んだような気分に陥りました。澄んだ空気と温泉の香りが、心地よい疲れを癒してくれました。 特に秩父別温泉の名物である露天風呂は、まさに絶景と呼ぶにふさわしいものでした。雪景色が広がる中、露天風呂に身を浸すことで、まるで自然と一体化したかのような感覚に包まれました。寒空と温泉の調和が、心に深い感動を呼び起こしました。 夜になり、宿の食事処では地元の食材をふんだんに使った料理が供されました。北海道ならではの新鮮な海の幸や山の幸が並び、その贅沢な味わいに感動しました。寒さを忘れさせるような温かい料理が、冬の夜に心地よい幸福感を与えてくれました。 夜は雪が静かに舞い続け、宿の中は静謐な雰囲気に包まれました。暖炉のそばで、ゆっくりと過ごす時間はまさに至福のひととき。寒さと温もりが調和する中、夫婦で過ごす冬の夜は、心に深く刻まれる思い出となりました。 旅の翌朝、窓の外に広がる雪景色に別れを告げる時、心には温泉地でのひとときが鮮やかに残っていました。秩父別温泉での滞在は、まさに冬の魅力を全身で感じることができた特別な冒険でした。

鶴の湯温泉の日帰り入浴

北海道の鶴の湯温泉、厳冬の寒さが身に染みる中、熟年の夫婦はこの雄大な大地に足を踏み入れました。穏やかな温泉地に佇む宿は、まるで冬の童話の中に迷い込んだような趣きが漂っていました。厚い雪に覆われた外観からも、温泉の奥深さを感じることができました。 宿に足を踏み入れると、熱気と共に温泉の香りが鼻をくすぐり、まるで自然が宿の中に広がっているかのような錯覚に包まれました。スタッフの笑顔が温かな歓迎を意味し、夫婦はまるで家族のように迎え入れられたかのようでした。 夜になると、宿の窓からは外の雪景色がロマンチックに広がり、夫婦はまるで絵画の中にいるかのような感覚に浸りました。温泉街の灯りが雪に映え、まるで夜空に舞う鶴の姿を感じるかのようでした。外は寒いけれども、心地よい温泉の湯船に浸かりながら、夫婦は寒さを忘れてしまったかのようでした。 湯船から窓の外を見上げると、雪が静かに降り積もり、まるで冬の魔法が宿を包み込んでいるかのようでした。夫婦は湯船の中で、自然と一体になったかのような贅沢な瞬間を楽しんでいました。湯船から上がると、身体の芯から温かさが広がり、まるで冷たい外の世界とは別次元にいるような感覚に夫婦は満たされました。 夕食は、宿のシェフが用意する美味しい料理が夫婦を迎えました。地元の食材を使った温かな会席料理は、季節感とともに心をほぐしてくれました。窓の外では雪が輝き、まるで夕食が雪国の情緒と調和しているかのようでした。 朝になると、窓から差し込む光が雪原を優雅に照らし、新しい一日の始まりを告げていました。温泉に浸かりながらの朝食は、外の寒さとは裏腹に身体を温め、新しい一日への活力を注入してくれるものでした。窓の外に広がる雪景色と共に、夫婦は静かな朝の美しさに感嘆し、鶴の湯温泉での滞在はまるで冬の夢のような特別なひとときとなりました。

樹海温泉の日帰り入浴

北海道の厳しい冬、白銀の世界に包まれた樹海温泉。夫婦はこの寒さの中、雪深い大地に佇む温泉地へと足を運びました。宿に到着すると、深い雪に覆われた木々が静寂な温もりを感じさせ、まるで大自然と調和するような趣のある建物が佇んでいました。 ロビーに入ると、温泉の香りが漂い、まるで木々の香りが宿に満ちているかのようでした。宿のスタッフは温かな笑顔で迎えてくれ、まるで自然の一部として宿を案内してくれるかのような親しみを感じました。窓からの景色は、雪に覆われた樹海が広がり、まるで別世界に足を踏み入れたような錯覚を覚えました。 夜になると、宿の周りは静寂に包まれ、灯りが雪景色を柔らかく照らしていました。夫婦は外に出て、雪の中を歩きながら星空を仰ぎました。雪が光る中、まるで宇宙と地球が一体となるかのような神秘的な夜が広がっていました。 温泉に浸かると、湯船から湯けむりが立ち昇り、まるで樹海の霧の中に身を包むかのような神秘的な雰囲気が漂いました。湯船の中で温まりながら窓の外を見上げると、雪が静かに舞い散り、まるで自然と一体化したかのような感覚に夫婦は浸っていきます。外の寒さと湯船から湧き出る温もりが、心地よい対比を生み出し、まるで夢の中にいるかのような至福の瞬間に浸りました。 夕食は、宿のシェフが北海道の新鮮な食材を用いて織りなす料理が夫婦を迎えました。海の幸と山の味覚が、四季折々の美味しさを感じさせ、夫婦の舌を唸らせました。まるで樹海の奥深くに広がる大自然の恵みを味わう宴のような夕餉で、夫婦の心はほんのり温もりに包まれました。 朝は、窓から差し込む光が雪原を優雅に照らし、新しい一日の始まりを告げていました。温泉に浸かりながらの朝食は、外の寒さとは裏腹に身体を温め、新しい一日への活力を注入してくれるものでした。窓の外に広がる雪景色と共に、夫婦は静かな朝の美しさに感嘆し、樹海温泉での滞在はまるで冬の夢の中にいるかのような特別なひとときとなりました。