「GO TO トラベルキャンペーン」活用の第二弾として、今回は東北地方の源泉掛け流しの半・露天風呂付客室のある温泉宿を厳選し、11月初旬、仙台空港を起点に先ずは宮城県から南の福島へ、その後北上し、山形、秋田を経て岩手県まで車で移動後、仙台空港に戻るドライブ途中の道路上から紅葉見学も期待しての長距離ルート下図の青いルート)を計画。
地図(東北)-3-4
お宿の方は①泊目 表磐梯温泉 「静楓亭」、②泊目 土湯温泉 「はるみや旅館」、③泊目は温泉宿会席料理一休みの為、山形市のシティーホテル・アーバングレイスグランに、④泊目 湯川温泉 四季彩の宿 「ふる里」、そして⑤泊目は志戸平温泉 「游泉志だて」に宿泊。

大阪伊丹から仙台空港へ9時15分発のJAL2203便へ搭乗。
熟年夫婦伊丹空港
今日は晴天に恵まれ、伊丹空港離陸後Uターンにより空港の滑走路を含めた全景を眺め仙台へ、
熟年夫婦伊丹空港-6
定刻の10時25分仙台空港に到着。早速日産レンタカーの仙台空港店に、今回予約済みの日産ノートに乗り込み出発です。
熟年夫婦仙台空港
仙台空港から今日のお宿 表磐梯温泉 「静楓亭」までの道中、紅葉が随所に見られ、
熟年夫婦福島
約2時間半のドライブで静楓亭に到着。入口付近のモミジの紅葉がとても綺麗です。
熟年夫婦静楓亭ー2
熟年夫婦静楓亭ー3
熟年夫婦静楓亭ー4
玄関から中へ入り、宿のスタッフに先導されフロント、ロビーを経て、
熟年夫婦静楓亭ー7
ラウンジ奥の通路を左に曲がり、
熟年夫婦静楓亭ー17
熟年夫婦静楓亭ー12
階段を下りた所で、部屋は右に5室、左に6室の11室のみ(下図)と説明があり、赤い破線の方向へ、左の112号室に向け廊下を歩いて行きます。
熟年夫婦図面ー4-1
熟年夫婦静楓亭ー16
112号室の入り口前に着き、扉を開けると畳廊下があり、
熟年夫婦静楓亭ー15
熟年夫婦静楓亭ー23
畳廊下突当りにある2畳ほどの贅沢な広さを持つトイレ(もちろん温水洗浄付き)を左に、
熟年夫婦静楓亭ー66
この部屋の間取り図(下)の青い破線の方向に進むと、
熟年夫婦静楓亭ー20-2
12畳和室と10畳の和室(寝室)、13畳相当の板の間、そしてその外に広い露天風呂、すべてが贅沢な広さで、12畳の和室のテーブルにウエルカムドリンクとお菓子が用意され、ここでチェックイン手続きを済ませます。
熟年夫婦静楓亭ー29
熟年夫婦静楓亭ー25-1
熟年夫婦静楓亭ー26熟年夫婦静楓亭ー27
露天風呂が見える広い板の間ですが、床暖房完備で、ミニキッチンや応接セット、マッサージチェアーなど風呂上がりのリラックス場所としても最適。
熟年夫婦静楓亭ー34
熟年夫婦静楓亭ー35熟年夫婦静楓亭ー36
窓を開けて見る巨大な露天風呂、入り口は奥の左の扉から、
熟年夫婦静楓亭ー38
浮き輪が見える背後に洗面所、扉を開けて脱衣所、内風呂を通り、
熟年夫婦静楓亭ー39-1
源泉100%かけ流しの巨大な露天風呂に。
約10畳相当の広さの湯船に浸かりながら、モミジの紅葉鑑賞なんてあまりにも贅沢過ぎですね~。
熟年夫婦静楓亭ー40
熟年夫婦静楓亭ー41
熟年夫婦静楓亭ー42
さらに宿の主人の推奨で、この巨大な湯船に浮き輪を使い、寝そべりながらの入浴が何とも心地よく癖になりそうです。
熟年夫婦静楓亭ー21
尚、源泉の名前は磐梯山麓温泉。源泉温度51.1℃、Ph6.7の少し黄色味を帯びた癖のない中性の温泉で、泉質はナトリウム-塩化物-炭酸水素塩温泉と記載されています。(写真には温泉が緑色に見えますがこれは浴槽のタイルの色とのことです)

一方食事の方ですが、夕朝食共12畳の和室テーブルで、夕食のメインは牛肉のすき焼きですが、先付、前菜...などは上品な味付けで美味しく完食。
熟年夫婦静楓亭ー56
熟年夫婦静楓亭ー63
朝食も同じテーブルで、ボリュームたっぷりでした。
熟年夫婦静楓亭ー54
熟年夫婦静楓亭ー55

全室源泉100%かけ流し巨大露天風呂付の為、この宿には大浴場、娯楽設備、食事処もなし、一旦部屋に入ると全く外へ出ていく必要がなく、ほぼ満室であったにもかかわらず、隣の部屋の音も全く聞こえず、誰とも会うことがなく、好きな時に温泉に入り、広大な部屋空間の中で贅沢な時間を過ごすことができ大満足でした。