熟年夫婦の温泉旅日記

源泉かけ流し温泉を求めて...各地の温泉を旅し、既に200か所を超えました。これまで印象に残るJRホテル屋久島(屋久島温泉)、八甲田ホテル(荒川温泉)、赤倉観光ホテル(赤倉温泉)、別邸 十三月(鉛温泉)、湯元 長座(福地温泉)、静楓亭(表磐梯温泉)、別邸 仙寿庵(谷川温泉)、別邸 山風木(遠刈田温泉)、はなれ空遥(京丹後温泉)などはぜひ再訪問したいお宿です。 さて、今回の温泉旅の思い出をごゆっくりご覧ください…

花敷温泉に宿泊。川の湯(尻焼温泉)は川の底からわいてくるお湯がお尻を焼く感じがするため、この名前がついたことが理解できましたが、何にせよ生まれてはじめての川湯の貴重な体験に感動でした。

6日目の朝、やっと晴れ間が見えています。今日は⑤地点の二俣温泉から⑥花敷温泉まで約280kmのドライブとなります。紅葉も眺めながらと考え、敢えて高速道路を通らず、ローカルの121、120及び145号線のルートを走行することにしました。

static1
大丸あすなろ荘出発、9時00分の天気です。
二股
青い空に紅葉が映えて綺麗です。

118号線から121号線、日光道を経由して120号線まで順調に来ましたが、いろは坂では大渋滞に巻き込まれ、1時間ほど余分な時間を費やしました。

いろは
いろは坂の渋滞と紅葉

結局、花敷温泉には、予定より1時間遅れの16時30分に到着。

花敷
20141024163219(4)
玄関、入口通路
cats1
フロント、ロビー
案内された部屋は2階の和室(8.5+8畳)、
hana2new
花の弐番客室

旅館の温泉はさておき、暗くならないうちに予定していた「川の湯」へ急ぎました。

f:id:tedd707:20211020174649j:plain

               川の湯(尻焼温泉)

旅館から車で5分+徒歩5分で到着。川の底からわいてくるお湯がお尻を焼く感じがするため、この名前がついたことが理解できましたが、何にせ生まれてはじめての川湯の貴重な体験に感動でした。
旅館に戻り、夕食の時間まで部屋で待機しておりましたが、夕食場所はこの旅館外にある別邸囲炉裏の食事処に車で案内されることになりビックリ。

cats3
囲炉裏
別邸囲炉裏の食事処

樹齢1000年とも言われる大木に囲まれた中で、囲炉裏深山会席料理を頂きました。

 3cats
cats4
会席料理の全メニュー

ゆったりとしたスペースで落ち着いてゆっくりと食事が出来た為、初めて全ての料理を撮影。久しぶりに完食させてもらいました。
最後に、ここの大木にはそれぞれ説明書きがあり、歴史を感じさせられます。

夕食13
再び出迎えの車で旅館に戻り、館内の温泉に。
風呂
内風呂
風呂1
露天岩風呂(貸切)

いずれも大きな浴槽ではないが、宿泊客の数からしても問題ない大きさだと思います。源泉の温度は43.0度、Ph7.9の弱アルカリ性、無色透明の気持ちの良いお湯でした。