熟年夫婦の温泉旅日記

源泉かけ流し温泉を求めて...各地の温泉を旅し、既に200か所を超えました。これまで印象に残るJRホテル屋久島(屋久島温泉)、八甲田ホテル(荒川温泉)、赤倉観光ホテル(赤倉温泉)、別邸 十三月(鉛温泉)、湯元 長座(福地温泉)、静楓亭(表磐梯温泉)、別邸 仙寿庵(谷川温泉)、別邸 山風木(遠刈田温泉)、はなれ空遥(京丹後温泉)などはぜひ再訪問したいお宿です。 さて、今回の温泉旅の思い出をごゆっくりご覧ください…

東八幡平温泉(東北)

鉛温泉 別邸 十三月を11時にチェックアウト、今日は生憎の雨、②泊目の東八幡平温泉 八幡平ハイツへ、15時丁度に八幡平ハイツに到着。

八幡平-14
八幡平-4
入口を入ると、右手のフロントから奥のラウンジへと繋がっています。
ラウンジでチェックイン手続きを終え、別館 姫神へ、
八幡平-12ー5
赤い破線の道順で、案内係の後について長い廊下を歩いていきます。
八幡平-29
やっとのことで、別館「姫神」入口に、
八幡平-21

別館に入ると、廊下の雰囲気がガラット変わります。

八幡平-22
八幡平-24

突き当りの部屋は、昭和天皇もご宿泊なされた歴史あるお部屋で、101 特別室天皇の間」と表示されています。

八幡平-27
予約済みの部屋は手前の103「黒倉の間」。
扉を開けて中に入ると、座卓、TV、そしてベランダが目に入ります。
八幡平ハイツ-26 黒熊の部屋ー1
ベランダには洗い場付きの露天風呂、左手には洗面とトイレがある広さ32㎡のツインベッドルーム。
八幡平ハイツ-26-1 
八幡平ハイツ-28 
八幡平ハイツ-31-1 
ベランダにある檜の露天風呂は源泉かけ流し(源泉かけ流しはこの別館のお風呂のみ)、温泉分析表には八幡平温泉 単純硫黄温泉(低張性弱酸性高温泉)、源泉温度69.6℃ ㏗ 4.4と表記されていますが、入浴すると、硫黄の香りは殆どなく、無色無臭のサラサラの感じのお湯で、体の芯から余り温まらない温泉です。
八幡平ハイツ-37 
外の木々の紅葉はまだ時期が早かったようです。

夕食は部屋食で、前沢牛、伊勢海老、あわび、ズワイガニなど豪華食材を用いた特別メニューで、下の写真は最初に座卓に並べられた料理の内容、そしてその後運ばれてきた料理をその下に付け加えています。
八幡平ハイツ-43-1 
八幡平-30-1
海から離れたこの高原ホテルで、アワビ、伊勢海老の刺身が食べれるのは感動でしたが、とにかく量が多すぎて、後から運ばれてきた揚物以降の料理には満腹の為、残念ながら手が付けられず、食べ残す羽目に。
尚、朝食は大ホールでのバイキングでした。

源泉かけ流し温泉を期待して、別館のお部屋に宿泊しましたが、温泉はイマイチの感じで、入浴後に殆ど汗をかかないため、備え付けのバスローブも出番なく...。
ただ、ここのスタッフはみんな感じが良く、好感が持てたことを付け加えておきます。