熟年夫婦の温泉旅日記

源泉かけ流し温泉を求めて...各地の温泉を旅し、既に200か所を超えましたが、年初来からのオミクロン株の感染拡大の為、本年1、3月に予定していました旅行中止の為、当面、新しいブログの更新が出来ませんので、3月からしばらくの間、過去の温泉旅の思い出をごゆっくりご覧ください。

芦ノ牧温泉Ⅱ(東北)

前回の10月は仙台から北の方面を巡ったので、今回(12月中旬)は南方面の那須温泉まで足を延ばす計画で、下図の青いドライブルートに沿って①泊目 会津芦ノ牧温泉 丸峰別館 川音、②泊目 塩原温泉 割烹旅館 湯の花荘、③泊目 あぶくま温泉 スパホテルあぶくま、そして④泊目 那須温泉 山楽の温泉地を4泊5日の日程で巡ります。
那須温泉山楽ー2
出発は伊丹から、仙台空港まで飛行機で、9時25分発のJAL2203便に搭乗、
伊丹空港ー2
定刻の10時35分仙台空港に到着し、マツダ・デミオのレンタカーを借り、仙台空港を出発。
村田ICから東北自動車道磐越自動車道を進み、会津若松ICで高速を降り121号線を南下、仙台空港から約3時間をかけて今日のお宿 会津芦ノ牧温泉 丸峰 本館前に到着。
想像していなかった7階建ての大型観光ホテルの様相に、団体客で混雑かも~?の不安が頭をよぎります。
丸峰ー8
丸峰には、本館、別館(川音)及び離れ(山翠)の3つの建物に、中で分かれているようですが、入口は全て本館からとなります。
丸峰ー9
玄関から中へ入ると、左手正面にフロント、右手には広いロビーへと繋がっています。
丸峰ー15
フロントでチェックイン手続きを終えると、この広いロビーの椅子に座り、セルフサービスのフリードリンクと、蒸し立ての黒糖饅頭を食しながら4~5分ほど待つと、ホテルのスタッフが現れ、部屋への案内を受けます。
丸峰ー4
丸峰ー13
丸峰ー14

まず本館のエレベーターで2Fへ、(尚、丸峰本館には65室、別館43室、そして離れ山翠6室の全部で114室もある大型ホテルです。)

丸峰ー27-1
上図の赤い破線の道順で、夢のかけ橋入口から別館の203号室へ、長い廊下を歩いていきます。
丸峰ー16
丸峰ー20
丸峰ー25丸峰ー26
203号室の扉を開けると、玄関正面の右手にトイレ、左にはベッドルームと掘りごたつ付きの和室4畳半、合わせて約40㎡広さの和洋室。
川根別館ー13-4
川根別館
川根別館ー1川音別館ー5-3
ベッドの前には液晶テレビ60インチと、和室にも20インチのテレビがあり、そして渓谷を望む景観のテラスに、源泉掛け流し檜の露天風呂付き。
川根別館ー6
川根別館ー7川根別館ー8
露天風呂へは、洗面所からシャワールームを経て、
川根別館ー10川根別館ー15
大川渓流と、山の眺めが眼前に広がる絵のような景色。
川根別館ー12
檜風呂は綺麗に清掃され、湯船も広く、かけ流しの源泉は適温に調整され、丁度良い温度で入浴。温泉は無色無臭ですが、少しヌルットする感じ、渓谷を眺めながらの入浴は最高の気分です。湯上り後は汗がとどめなく出てきます。
尚、温泉分析表には、源泉温度53.8℃ ㏗7.5、泉質はカルシウム・ナトリウムー硫酸塩・塩化物泉(低張性弱アルカリ性高温泉)と表記。

夕食は料亭「翁」の個室に案内され、
川根別館ー22-1
既にテーブルに並べられた料理と、献立表
川根別館ー23
川根別館ー31
川根別館ー25
既にに並べらえた、先附と蒸物及び止肴
(以下、その後に運ばれてきた料理)
川根別館ー26
造り
川根別館ー27
焼肴
川根別館ー28
揚物
川根別館ー29
食事、香の物
川根別館ー30
水菓子
味付けもよく、量的にも多すぎず、少なすぎずの丁度良い感じで完食。

翌日目を覚まし、部屋付きの露天風呂に向かうと渓谷は雪景色、正に墨絵の世界に遭遇することに。
川根別館ー33
朝食はお食事処「けやき」で窓からは同じく渓谷の雪景色が眺められます
川根別館ー34
川根別館ー35
テーブルに並べられた朝食は、全て 朱色の陶器に盛られているのにビックリ、2016年1月に新潟県 六日町温泉 龍言の朝食で、同じ朱色の陶器に盛られた朝食が出され、質問したところ、朱色は元気を出す為の色と、女将さんが特注されていたことを思い出します。
朝食も完食し、10時に丸峰 川音 別館をチェックアウト。食事も良く、部屋の広さも問題なく、渓谷を眺めながらの入浴は最高の気分でしたが、部屋の壁が薄いのか、上、左右の部屋から絶えず物音が聞こえ大変気になりました。