熟年夫婦の温泉旅日記

源泉かけ流し温泉を求めて...各地の温泉を旅し、既に200か所を超えました。これまで印象に残るJRホテル屋久島(屋久島温泉)、八甲田ホテル(荒川温泉)、赤倉観光ホテル(赤倉温泉)、別邸 十三月(鉛温泉)、湯元 長座(福地温泉)、静楓亭(表磐梯温泉)、別邸 仙寿庵(谷川温泉)、別邸 山風木(遠刈田温泉)、はなれ空遥(京丹後温泉)などはぜひ再訪問したいお宿です。 さて、今回の温泉旅の思い出をごゆっくりご覧ください…

妙高高原赤倉温泉ふるやに宿泊。脱衣場に、温泉の分析表と共に、「温泉ソムリエの入浴五か条」が書かれたタオルが展示されていたので、今後の温泉入浴の参考にと撮影。

3日目の今日は、台風6号の接近で天気の崩れが心配な為、雨の降らない間にと、9時半に旅館さかやをチェックアウト。猿の温泉で有名な「地獄谷野猿公苑」に向かいました。117号線を20分ほど南下したところでしょうか、一面の見事な菜の花(野沢菜)畑に遭遇です。

菜の花2
地図で調べると、飯山市小沼というところで、117号線から千曲川まで菜の花畑で埋められています。
野沢7
幸い、雨は未だ降り出しておらず、野猿公苑へ急ぎ、40分程で地獄谷駐車場に、
野猿2
ここから、野猿公苑まで徒歩で15分と説明書きがあり、
野猿1
駐車場から歩き始めたところです。
野猿3
地獄谷噴泉場を経て
野猿4
野猿公苑入口を入り
野猿5
注意書を読みチケット購入後入苑。
野猿7
早速サルが出現、
IMG_1401
サル
温泉場に到達。
野猿9
野猿10
雪がなくても、サルが眼前で入浴しています。温泉の温度を手をつけて調べると、結構ぬるいお湯。
帰り際、チケット販売所内で歴代ボスザルの写真が展示されており、
野猿13
野猿12
現在のボスザルは、 
中央のカラー写真の1
5代目龍王で、約160頭の集団を率いているようです。

未だ宿のチェックインまで時間があったので、一度行ってみたかった野天風呂、望郷の湯(馬曲温泉)を訪問、約1時間のドライブでした。
馬曲6馬曲8
馬曲温泉入浴受付所(入浴料金:510円)
野天風呂は男性用と、女性用に別れており、男性用には二つの浴槽があります。
馬曲5
天空の秘湯と呼ばれているが、今日は天気が今一つで、期待したほどの景色が見えなかったのが残念。
尚、温泉の成分表からの情報として、源泉温度は39.5℃、Ph8.2の弱アルカリ性、源泉温度が低いため加温、さらに、かけ流しと循環式併用のため殺菌剤が投入されているとのことで、少しガッカリ...。
 
1時間程のドライブで、 
15時30分、
今日のお宿、赤倉温泉ふるやに到着。
ふるや8
建家の外観は、少し古ぼけて見える4階建て...温泉付きスキー宿というイメージでしたが、
ふるや9
中に入ると、イメージを一新。
ふるや
ふるや4
シティーホテル並みのフロント&ロビー
案内された部屋は、3階の和風ツインベッドルーム、
ふるや11
掘りごたつも装備されています。スキーシーズン中は、長期滞在の外国人が多く、ベッドの部屋が多いということ。
浴室は最上階、100%源泉かけ流し、男女入れ替え制(但し浴槽はほぼ同じ)との情報を得て入浴に、
ふるや5
内湯(浴槽の周りは畳張り)
ふるや6ふるや7
露天風呂(一人用?)が併設されており、
曇り空で残念でしたが、露天風呂から妙高山を眺められます。

源泉温度は51.1℃、Ph6.6、ほぼ中性、無色透明の炭酸水素塩泉と表記。確かに肌に刺激がないため、少し物足りなさを感じましたが...脱衣場に、温泉の分析表と共に、「温泉ソムリエの入浴五か条」が書かれたタオルが展示されていたので、今後の温泉入浴の参考にと撮影。

ふるや12
食事の方は、夕食、朝食とも半個室のお食事処で、夕食は 
旬魚焼串プラン(ノドグロ)を選びましたが、
量が多く、食べきれませんでした。
夕食2
旬魚焼串プラン(夕食)の前菜