熟年夫婦の温泉旅日記

源泉かけ流し温泉を求めて...各地の温泉を旅し、既に200か所を超えました。これまで印象に残るJRホテル屋久島(屋久島温泉)、八甲田ホテル(荒川温泉)、赤倉観光ホテル(赤倉温泉)、別邸 十三月(鉛温泉)、湯元 長座(福地温泉)、静楓亭(表磐梯温泉)、別邸 仙寿庵(谷川温泉)、別邸 山風木(遠刈田温泉)、はなれ空遥(京丹後温泉)などはぜひ再訪問したいお宿です。 さて、今回の温泉旅の思い出をごゆっくりご覧ください…

小谷温泉 奥の湯(上信越)

今回は、信州北アルプス麓の標高の高い温泉地を選び、避暑を兼ねて8月25~29日、4泊5日の車の旅を計画しました。出発は西宮ICから名神高速北陸道を経由し糸魚川ICまで、ここで高速を下り国道148号線を南下、一泊目の下図地点小谷温泉・奥の湯、雨飾荘に向かいました。
尚、黒枠内の赤字は訪問観光スポット、青い線は走行ルートで、②泊目の白馬みずばしょう温泉、ホテル・シェラリゾート白馬、③泊目の白馬八方温泉、白馬東急ホテル、④泊目の葛温泉、温宿かじかへと移動していきます。

信州ルート
約7時間のドライブで、16時30分標高900mの雨飾荘に到着。
雨飾
雨飾13
雨飾荘玄関前
雨飾1
フロント&ロビー

チェックイン時、今日の宿泊者は我々一組のみと聞かされ、準備された2階の10疊和室へ、
雨飾3

雨飾5
民芸調の落ち着いた日本間で、部屋の窓から見える緑が見事で心が癒されます。
雨飾7
暗くならないうちに、雨飾荘の手前100mほどにある、ブナ林に囲まれた村営の高原露天風呂(男女別)へ、
村営露天
雨飾8
高原露天風呂入口
雨飾10
雨飾11
男性用露天風呂&脱衣所
村営といえど露天風呂管理は雨飾荘が担当。
源泉の温度は51.8℃、Ph7.0、無色透明のナトリウムー炭酸水素塩温泉と説明されていました。ブナ林を眺め開放感のある自然の中で源泉かけ流しのクセのないさらりとしたお湯に満喫。
ただ、ここには洗い場がないため、雨飾荘館内の温泉に戻りました。
雨飾15
雨飾14
館内の温泉は、内湯のすぐ外に露天風呂が併設されており、豊富な湯量の源泉(村営露天と同じ)かけ流しで、いずれも一人の入浴で貸切状態。


食事の方は夕食、朝食とも一階の食堂でしたが、この山奥では...と期待していなかったのですが、部屋もさることながら食堂も民芸調のおしゃれな作りで、

雨飾16
夕食は、前菜から始まり、イワナのお造り、煮物、山菜の天ぷら、サイコロステーキ、焼き魚等など味付けも良く、量も豊富で満足。

ご参考迄に夕食のお品書きを掲載しておきます。

夕食
IMG_0001
シーズンになれば、登山客などで混み合うのでしょうが、当日は館内全てが我々2人の貸切状態で、気楽な旅の初日を迎えることが出来たせいも有りますが、山荘として、館内の雰囲気、サービス、食事内容、温泉を含め最高ランクに位置するのではないでしょうか?また時節を変え秋の紅葉時に訪れてみたい所です。


2日目、白馬みずばしょう温泉