熟年夫婦の温泉旅日記

源泉かけ流し温泉を求めて...各地の温泉を旅し、既に200か所を超えました。これまで印象に残るJRホテル屋久島(屋久島温泉)、八甲田ホテル(荒川温泉)、赤倉観光ホテル(赤倉温泉)、別邸 十三月(鉛温泉)、湯元 長座(福地温泉)、静楓亭(表磐梯温泉)、別邸 仙寿庵(谷川温泉)、別邸 山風木(遠刈田温泉)、はなれ空遥(京丹後温泉)などはぜひ再訪問したいお宿です。 さて、今回の温泉旅の思い出をごゆっくりご覧ください…

京丹後温泉(山陰)

4日目、岩井温泉から約3時間のドライブで伊根の舟屋に来ています。 
伊根漁港ー鮨
丁度昼食時間となり、海の真ん前の鮨調理「海神」(上図)に入店。
伊根漁港-9伊根漁港-7-1
寿司御前を注文し、席に座ると左右に舟屋と、左の海に数か所の生け簀?が見られます。
伊根漁港-17
昼食を終え海岸に出ると、舟屋めぐり遊覧船が接岸しており、乗船してみることに。
伊根漁港-3伊根漁港-15
30分の遊覧にスタート、伊根湾の周囲5㎞に渡って約230棟の舟屋を海側から見学、ただ現在は伊根の寒ブリが有名となっており、日本三大ブリ漁場のひとつに数えられ、特に伊根の寒ブリ(養殖)は、富山県氷見の寒ブリと並ぶ最高級のブリの漁場と説明あり。昼食時の「海神」から見た生け簀は全てブリの養殖用で、一方、舟屋は国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、ほぼ観光用建物と化しており、養殖で豊かな舟屋の人々は、裏の道路沿いに立派な住居を建てて暮らしていることを知らされました。
伊根漁港-14
伊根漁港-13
伊根漁港-12
伊根の舟屋から今日のお宿 ④泊目 京・Tango Resort はなれ空遥(そらはるか)へ、国道178号線で間人ガニで有名な海岸を約1時間のドライブで、
温泉津温泉地図ー3ー3112
丁度15時、2階建ての建物(全部で4室)、はなれ空遥に到着。
はなれ空遥ー3
はなれ空遥ー1
坂を上がって、建物裏の駐車場に車を駐め、
空遥ー5
空遥ー3
入口から、フロント前を通り食堂へ
空遥ー13
チェックインはウエルカムドリンクとともに、オーシャンビューの食堂(テーブル4卓のみ)で済ませ、
空遥ー9
空遥ー14
階段を上がって、2階の奥201号室(天)へ案内されます。
空遥ー15
空遥ー16
空遥ー19
入室すると、右側に和リビングとツインベッドの部屋、左側はクローゼットとトイレが設置されています(右の間取図御参照ください)。
空遥ー21-1空遥ー20ー2
オーシャンビューの和リビングには大型TV、大きなソファーと椅子が置かれ居心地良さそう。外側の専用テラスを含め60㎡の広さがあり、源泉かけ流しの半露天風呂も完備。
空遥ー22
空遥ー24空遥ー25
空遥ー27
和リビングには高い天井からペンダントライトが吊り下げれており、その奥にセミダブルの高級シモンズベット2台が置かれています。
空遥ー38
空遥ー23
     ベッドルーム右の出入り口からトイレへ行けるようになっています。
空遥ー52-1
風呂場へは洗面所を経由して、ここで脱衣後入浴。
空遥ー54
空遥ー35
風呂場の窓は完全に開放することも可能で、海を眺めながらほぼ露天風呂の雰囲気で入浴できます。
空遥ー56
お湯は無色透明ですが、ヌルヌルというかトロトロのお湯、 中山平温泉 琢琇のうなぎ湯(強アルカリ性)を思い出すほどで、関西では珍しい泉質の温泉です。
温泉分析表によると源泉名は京丹後温泉、源泉温度36.2℃、Ph9.41、泉質はアルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性温泉)と書かれており、温度の低い源泉はここで加温され間隔を置いてかけ流しされているようです。
ところで、到着時から気になっていた入口に停められたトラックの存在ですが、近くで出る温泉を運ぶトラックなのでしょう?(ここの温泉は自家源泉ではないこと確認済み)。

夕食は18時に予約済みの1階食堂へ、テーブルにはすでに御品書きと前菜、造里が並べらえています。以下出てきた順番に料理の写真を掲載しています。
空遥ー31
空遥ー42

空遥ー34
前菜
空遥ー33
造里 地魚盛合せ
空遥ー35
椀物 ハタハタ小鍋仕立
空遥ー36
焼物 のど黒塩焼
空遥ー37
天ぷら(サービス品)
空遥ー38
強肴 但馬牛フィレステーキ
空遥ー39
食事 筍御飯、赤だし
空遥ー40
水物
味付けもよく、多すぎず少なすぎず、丁度適量の夕食に大満足。

朝食も夕食と同じテーブルで、
空遥ー50
空遥ー51
たっぷりなサラダをはじめ、いっぱい並べられています。
空遥ー46-1
席に着くと、御飯とみそ汁が、次に数種類の干物から選択可能な、魚の焼物にカレイをチョイス、そして最後に運ばれてきた、出来立てアツアツの出汁巻き卵、これが絶品の味で朝食にも大満足。
 
1日4組限定の小さな旅館に一抹の不安もありましたが、部屋は広く、装備も整っており居心地良く、別荘に滞在している感覚になります。温泉の方も、最初少しぬるめであった温泉温度を1℃上げてもらうよう依頼し、トロトロの温泉で芯から温まるせいか、上がると汗がとめどとなく出てくるため、備え付けのバスローブをずっと着用し続けしました。
食事の方は前述のとおり、夕朝食とも大満足、間人ガニの極寒のシーズンに、GoToトラベルの復活を期待してまた訪れたいところです。
はなれ「空遥」を11時にチェックアウトし、京丹後大宮ICから山陰近畿道、京都縦貫自走車道、舞鶴若狭自動車道を経由し、3時間弱で無事自宅(5日間全走行距離1,035㎞)に戻りました。