熟年夫婦の温泉旅日記

源泉かけ流し温泉を求めて...各地の温泉を旅し、既に200か所を超えました。これまで印象に残るJRホテル屋久島(屋久島温泉)、八甲田ホテル(荒川温泉)、赤倉観光ホテル(赤倉温泉)、別邸 十三月(鉛温泉)、湯元 長座(福地温泉)、静楓亭(表磐梯温泉)、別邸 仙寿庵(谷川温泉)、別邸 山風木(遠刈田温泉)、はなれ空遥(京丹後温泉)などはぜひ再訪問したいお宿です。 さて、今回の温泉旅の思い出をごゆっくりご覧ください…

浄土平の名前の由来は、厳しい山道を歩んできた登拝者にとって、吾妻小富士や一切経山(いっさいきょうざん)に囲まれた鮮やかな花々に満ちた平坦地が、極楽浄土のように思えたことから名付けられたと言われています。

5日目の朝、雨は止んだものの空は厚い雲に覆われています。原計画では、スカイバレーを戻りゴールドラインに入って、⑤地点の二俣温泉に向うルートでしたが、昨日の雨で通れなかったスカイラインを走行したいという強い思いから、米沢市経由で国道13号を通り70号線(スカイライン)に入りました。

cats8
スカイライン入口前の高湯温泉、安達屋旅館(一昨日宿泊)を通り過ぎ、山を見上げるといまだに雲が停滞しており、一抹の不安もありましたが幸いなことに標高1350mの「天狗の庭(吾妻八景の一つ)」近くから晴れ間が見え出しました。
20141023110837(3)
 
眼下に見られる雲海
小富士
天狗の庭から吾妻小富士撮影
浄土平近くになると様相が一変。
浄土2
樹木が全くない白い岩肌の道を過ぎると、濃度の高い火山性ガスが噴出している場所があり、「この付近では駐停車や下車はせず、通過するようにしてください」との注意看板が設置されていたのにはビックリしましたが、危険地帯を素早く通り過ぎ浄土平ビジターセンター前に到着。 
浄土4
浄土平の名前の由来は、厳しい山道を歩んできた登拝者にとって、吾妻小富士や一切経山(いっさいきょうざん)に囲まれた鮮やかな花々に満ちた平坦地が、極楽浄土のように思えたことから名付けられたと言われています。
まずは吾妻小富士へ。
浄土7
吾妻小富士登山口
Map1
浄土平周辺地図
10分ほどで階段道を登り、吾妻小富士登頂地点より噴煙が少し見える一切経山を眺めます。
浄土8
山頂までの火口壁道
浄土9
雲海
浄土10
水のない火口底
        浄土13
雲海で見晴らしがない為、火口壁道を進むのをやめ、下山してスカイラインのドライブに戻りました。ただ、雲海の中へ突入の為、スカイラインの紅葉は楽しめませんが、標高の下がったレイクラインに入ると、綺麗な紅葉の林のなかを疾走することが出来、
紅葉1
雲も少し切れ始め、随所に車を止めて紅葉を楽しみました。
2紅葉
紅葉のレイクラインから望む磐梯山