熟年夫婦の温泉旅日記

源泉掛け流しを求めて…。熟年夫婦が全国の温泉を旅して歩いた記憶を辿ります。本ブログ記事には広告が掲載されておりますがご了承下さいな。

2024-01-01から1年間の記事一覧

後生掛温泉 ブログ

今年も12月になったので、源泉掛け流しの雪見風呂を期待して、大阪伊丹から10時30分発の「いわて花巻」行のJAL2183便に搭乗。11時50分定刻通り「いわて花巻」空港に到着、しかしながら飛行場には期待した雪は全くありません。今回お世話になるレンタカー…

蔵王国際ホテル ブログ

蔵王。その名は、荘厳な山々と清らかな温泉の地として知られる。雪解けが始まり、春の足音が聞こえる3月の日に、私たち夫婦はこの蔵王国際ホテルを訪れた。 車を降り、ホテルの玄関に足を踏み入れると、そこには優雅な雰囲気が広がっていた。ロビーには重厚…

游水亭いさごや ブログ

山形の湯野浜、その名を聞けば、温泉好きな人々の心が踊る。3月の早春、まだ冷え込む夜に、私たちは游水亭いさごやを目指して旅立った。 汽車の窓から見える風景は、まるで絵画のようだった。山々が雪化粧を施し、渓流が静かに流れる様子は、心を和ませる。…

仙峡の宿銀山荘 ブログ

山形の奥地、銀山温泉。その静寂な山間に佇む、仙峡の宿「銀山荘」。3月、早春の訪れを感じさせる中、私たち夫婦はこの銀山荘を目指して旅立った。 銀山荘への道は、山々に囲まれた美しい景色が広がる。車窓から見える景色はまるで絵画のようで、心が穏やか…

宝川温泉 ブログ

3日目の朝、沢渡温泉から紅葉で有名な照葉峡へ、途中で立ち寄ったガソリンスタンドで、照葉峡への道路は昨日から冬期間通行止めとの情報あり、せっかく楽しみにしていただけにガッカリ。行けるところまで行ってみようと、今日のお宿 宝川温泉へ行く道を通り…

日本の宿古窯 ブログ

山形の山々に囲まれた深い谷間に佇む、日本の宿「古窯」。その名は、まるで古代の物語から飛び出してきたような趣きを感じさせる。3月、早春の訪れを感じさせる中、私たち夫婦はこの古窯を目指して旅立った。 古窯への道は、山々と渓流に囲まれた美しい景色…

たちばなや ブログ

山形の雪深い土地に、私たち夫婦は2月の冷たい風と共に、ある特別な温泉旅館「あつみ たちばなや」へと足を運んだ。 その日は、朝早くから準備を整え、期待に胸を膨らませながら出発した。車の窓から見える景色は、まるで雪国の絵画のように美しかった。白い…

萬国屋 ブログ

山形の雪深い風景の中、2月の寒さが私たち夫婦を包み込む中、あるひとつの温泉旅館への訪れが、心に残る思い出となった。 「あつみ 萬国屋」――その名前は、古き良き日本の情緒を感じさせる。山形といえば、その雄大な自然美とともに、温かな人々が迎えてくれ…

鶴の湯温泉 ブログ

2月、まだ冬の深い秋田の山間に位置する乳頭に、鶴の湯温泉を求めて私たち夫婦は旅に出かけた。 道すがら、白銀の世界が目に飛び込んできた。雪化粧した木々が道路脇に並び、その間を車が走るたびに雪が舞い上がる。寒さをしのぐために車窓から外を見ること…

南三陸ホテル観洋 ブログ

3月、宮城の南三陸に佇む南三陸ホテル観洋。その宿は、まるで海の抱擁に包まれるような穏やかな雰囲気が漂っていた。私たち夫婦は、その美しい宿を訪れ、心身の癒しを求めて旅に出かけた。 宿に足を踏み入れると、そこには海の香りと風のさざめきが満ちてい…

ホテル松島大観荘 ブログ

3月、宮城の松島に佇むホテル松島大観荘。その宿は、まるで海辺に立つ美しい城のような風格を持っていた。私たち夫婦は、その壮麗な宿を訪れ、心身の疲れを癒す旅に出かけた。 宿に足を踏み入れると、そこには上品な雰囲気が漂っていた。ロビーには静かなピ…

法師温泉 長寿館 ブログ

4日目になりました。谷川岳の紅葉見学ためロープウェイ始発駅の土合口に到着。ロープウェイ搭乗後の土合口駅付近の紅葉です。標高900m位の所でしょうか、ここも期待していた紅葉の艶やかさが今一つで、あまり綺麗ではありません。(紅葉か枯葉かどっちやねん…

鳴子ホテル ブログ

3月、寒さがまだ残る宮城の鳴子に位置する鳴子ホテル。その宿は、まるで時が止まったかのような静寂と、自然の美しさが調和した場所だった。私たち夫婦は、その魅力的な宿に足を運び、心を癒す旅に出かけた。 宿に足を踏み入れると、そこには優雅な雰囲気が…

ゆづくしSalon一の坊 ブログ

3月、まだ寒風が吹き抜ける宮城の作並に位置する、ゆづくしSalon一の坊。その宿は、まるで穏やかな湖に浮かぶ白鳥のように、優雅で美しい趣きを持っていた。私たち夫婦は、その魅力的な宿を訪れ、心身の疲れを癒す旅に出かけた。 宿に足を踏み入れると、そこ…

篝火の湯緑水亭 ブログ

3月、まだ雪が残る寒さの中、宮城の秋保にある篝火の湯緑水亭を訪れた。私たち夫婦は、その趣深い宿に魅了され、心温まる旅に出かけた。 宿に足を踏み入れると、そこには静寂と温かみが広がっていた。木の香りが漂い、室内には暖かな灯りが灯っている。窓の…

茶寮宗園 ブログ

2月、雪深い宮城の秋保に佇む茶寮宗園。その宿は、まるで時が止まったかのような静けさと美しさが漂う場所だった。私たち夫婦は、その趣深い宿を訪れ、心身の疲れを癒す旅に出かけた。 宿に足を踏み入れると、そこには和の風情が広がっていた。古い建物と美…

ホテルニュー水戸屋 ブログ

2月、宮城の秋保に佇むホテルニュー水戸屋。その宿は、まるで静かな湖に浮かぶ白鳥のように、優雅で美しい趣きを持っていた。私たち夫婦は、その魅力的な宿を訪れ、心身の疲れを癒す旅に出かけた。 宿に足を踏み入れると、そこには品のある和の雰囲気が漂っ…

伝承千年の宿佐勘 ブログ

2月、宮城の秋保に位置する伝承千年の宿、佐勘。その宿は、まるで時が止まったかのような古き良き日本の趣きが漂う場所だった。私たち夫婦は、その静寂と美しさに包まれた宿を訪れることを決意した。 宿に足を踏み入れると、そこに広がるのは静かな日本庭園…

鶯宿温泉 ホテル加賀助 ブログ

2日目の朝、後生掛温泉をチェックアウト。昨日は地熱からの湯気で、殆ど見えなかった湯治村の建屋を、今朝は風向きが違うのか良く確認できます。今日のお宿は②泊目の鶯宿温泉、冬期間通行止めの道路がある為、遠回りながら来た道を引き返し(国道341から鹿角…

結びの宿 愛隣館 ブログ

2月、雪深い岩手の新鉛に位置する結びの宿、愛隣館。私たち夫婦は、その静寂な山間に佇む宿を訪れることにした。その宿は、まるで時間が止まったような趣きを持ち、私たちの心を深く打ち込む美しさがあった。 宿に足を踏み入れると、そこに広がるのは静寂と…

優香苑 ブログ

2月、雪深い岩手の山々に佇む優香苑へと私たち夫婦は足を運んだ。その宿は、まるで雪化粧した大自然と一体となったような趣きを持ち、私たちの心を静かに包み込んでいった。 宿に足を踏み入れると、そこに広がるのは静寂と清らかな空気。木の香りが漂い、宿…

佳松園 ブログ

2月、雪国の岩手。静かな山間に佇む佳松園へと私たち夫婦は足を運んだ。その宿は、まるで別世界に迷い込んだような趣きを持ち、私たちの心を魅了した。 宿に足を踏み入れると、そこに広がるのは静寂と美しさが満ちた世界。日本庭園が静かに広がり、季節の花…

ホテル紫苑 ブログ

2月、雪国の岩手。白銀に輝く景色の中、私たち夫婦はホテル紫苑へと足を踏み入れた。その宿は、まるで幻想的な世界に迷い込んだような趣きを持ち、私たちの心を魅了した。 宿に足を踏み入れると、そこに広がるのは静寂と優雅な空間。繊細な和の装飾が施され…

湯守ホテル大観 ブログ

2月、雪深い岩手の大地に佇む湯守ホテル大観。寒さが身にしみる中、私たち夫婦はその宿を訪れることを決意した。その宿は、まるで時を超えた昔ながらの趣きを持ち、静寂と美しさが心を奪う場所であった。 宿に足を踏み入れると、そこに広がるのは古き良き日…

湯の杜 ホテル志戸平 ブログ

2月、冬の岩手。吹雪が舞う中、私たち夫婦は静かな山間に佇む湯の杜ホテル志戸平へと旅立った。その宿は、まるで自然と一体化したような趣きを持ち、私たちの心を奪い去る美しさに満ちていた。 宿に足を踏み入れると、そこに広がるのは澄んだ空気と木々の静…

岩倉温泉 旅館 岩倉 ブログ

3日目の今日は、②地点の鶯宿温泉から③泊目の岩倉温泉に向かいます。出発から1時間程で田沢湖たつ子像前に、曇り空で駒ヶ岳の山頂は見えませんが、2014年7月の駒ヶ岳登山を懐かしく思い出します。田沢湖から角館を経て大仙市に、全国花火競技会「大曲の花火」…

ホテル森の風鶯宿 ブログ

2月、冬の青森。寒風が吹き荒れる中、私たち夫婦は静寂な山間に佇むホテル森の風鶯宿へと旅立った。その宿は、まるで大自然に囲まれた幻想的な隠れ家のような趣きを持ち、私たちの心を魅了した。 宿に足を踏み入れると、そこに広がるのは穏やかな和の空間。…

大沢温泉山水閣 ブログ

2月、寒さが身にしみる北の大地。風が吹きすさぶ中、私たち夫婦は青森と岩手の境に位置する大沢温泉山水閣へと足を運んだ。その宿は、まるで大自然に抱かれた隠れ家のような佇まいを持っていた。 宿に足を踏み入れると、そこに広がるのは静寂と美しさが満ち…

八甲田ホテル ブログ

2月の青森、厳しい寒さが身に染みる季節。しかし、その寒さを忘れるような至福のひとときを求めて、私たちは酸ヶ湯の地を訪れた。八甲田ホテルというその宿は、まるで雪国のおとぎ話の中に現れたような趣きを持っていた。 宿に足を踏み入れると、そこに広が…

酸ケ湯温泉旅館 ブログ

2月、寒さが身にしみる青森。そんな中、酸ケ湯温泉旅館へと足を運ぶことにした私たち夫婦。その宿は、まるで静かな湖畔に佇む古き良き邸宅のような趣きを漂わせていた。 宿に足を踏み入れると、そこに広がるのは風雅な和風の空間。古き良き日本の伝統と、洗…