にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村

 4日目の朝、岩倉温泉から④泊目の花巻温泉郷、鉛温泉 藤三旅館・別邸 十三月に向かいます。
尚、「いわて花巻空港」から車で1時間以内の花巻温泉郷には数多くの温泉地があり(下図)、鉛温泉はこの中でも一番山奥の方に位置しています。
熟年夫婦十三月102-1
花巻温泉郷便利マップ(花巻観光協会発行)
県道12号線に沿って大沢温泉(2016年10月訪問)、及び山の神温泉(2014年7月訪問)を通り過ぎてさらに北上、鉛温泉 藤三旅館の看板を見つけ、右に曲がり坂を下っていくと、
熟年夫婦十三月1
行き止まりに広い駐車場。
熟年夫婦十三月3
どこに入口が?と戸惑いますが、左手平屋隅の方のガラス越しに十三月の文字。車を近づけると中からホテルマンが出てきて荷物を中に運んでくれます。
熟年夫婦十三月5
熟年夫婦十三月4
ガラスの扉を開け中にはいると、右手にフロント。
熟年夫婦十三月6
そしてラウンジへと繋がっており、このラウンジでウエルカムドリンクを飲みながらチェックインを終えて、
熟年夫婦十三月8
ロビー横の通路で部屋へ案内されます。(尚、奥の棚に置かれたワイン、ジュース類は18時まで飲み放題となっています)
熟年夫婦十三月12
今回案内された部屋は、下図の赤い破線の道順でラウンジから一番遠くの部屋(101号室)。
熟年夫婦十三月16-1
館内見取り図(1、2階全14室)
通路の壁にはコンクリートの打ちっぱなしが続き、101号室の扉前に。
熟年夫婦十三月14
熟年夫婦十三月15
扉を開けて中に入ると、大きなセミダブルのベッドが2つ、液晶42型テレビ、DVD&ブルーレイプレーヤーにソファー。
熟年夫婦十三月20
熟年夫婦十三月106
熟年夫婦十三月22
そして2人が同時に使える広い洗面化粧台、左右にトイレ、シャワールーム、その外に黒い御影石で造られた源泉掛け流しの半露天風呂が備えらえています。
熟年夫婦十三月21
熟年夫婦十三月23
熟年夫婦十三月24-1
全14室で同じ意匠の部屋はないようですが、部屋の広さは全て約62㎡と説明の後、
浴室の案内に移り、十三月・別邸内には浴室がないため、浴室は全て藤三旅館部の温泉を利用してくださいと、下図の「鉛温泉 館内浴室の案内」で入浴の時間帯(男女別、清掃)等の注意を受け、さらに、ここの温泉は4~5本の源泉をブレンドして温度調節しているため、浴場ごとに微妙に泉質・効能が変わるとの補足説明がありました。
熟年夫婦十三月26-1
熟年夫婦十三月73
名物の「白猿の湯」 拡大写真
早速浴衣に着替え、十三月出入口ドアーを開けて藤三旅館部内へ、一瞬昭和の時代へタイムスリップしたかのようで、すぐに日本一深い岩風呂と書かれた「白猿の湯」入口前に、
熟年夫婦十三月35-1
扉を開けると地下に大きな楕円形の岩風呂にビックリ!
熟年夫婦十三月110
源泉は岩風呂の底から沸き出しており(前に流れる豊沢川の川底よりも下)、湯の深さは125㎝と聞いていましたが、実際入浴すると、場所によっては140㎝はありそうです。
熟年夫婦十三月33
立ったままで入る温泉は珍しく貴重な体験。お湯は少しとろみがあるアルカリ泉、温泉分析表には源泉温度40.9℃ Ph8.0、単純温泉(低張性弱アルカリ性温泉)、浴槽温度を適温にするため源泉「白猿の湯」+「桂の湯」+「下の湯」をブレンドと。
引き続き、向かいにある「桂の湯」へ、
熟年夫婦十三月38
内湯は4~5人が入れる大きさ、
熟年夫婦十三月42熟年夫婦十三月41
内湯
併設の露天風呂も同じ位の大きさですが、この下の川沿いにもう一つ小さな露天風呂がついています。
熟年夫婦十三月40熟年夫婦十三月43
露天風呂
お湯は「白猿の湯」より少し熱めですが同じアルカリ泉。源泉分析表によると源泉温度41.7℃ Ph8.0、単純温泉(低張性弱アルカリ性温泉)、浴槽温度を適温にするため、源泉「桂の湯」に源泉「下の湯」をブレンドと表記。

一方、食事の方ですがラウンジ横の入り口からレストラン「梵 KARMA」に入り、
熟年夫婦十三月50-1
奥のテーブル席に案内され、
熟年夫婦十三月51
カジュワルステイ・プランの9品和食膳を食しました(写真の最後にお品書きを添付)。
熟年夫婦十三月53

熟年夫婦十三月54

熟年夫婦十三月55

熟年夫婦十三月56

(鰤れもん蒸し:写真なし)

熟年夫婦十三月58

熟年夫婦十三月57

熟年夫婦十三月59

熟年夫婦十三月61
全て美味しく完食してレストランを出ると、ラウンジでピアノの生演奏があり、この時期のクリスマス・ソングを2~3曲聞いて部屋に戻り、就寝前に初めて部屋の半露天風呂に入浴。
熟年夫婦十三月70
翌朝、早起きして一番遠くの「白糸の湯」へ、
熟年夫婦十三月45
照明が暗くてうまく写真が撮れてませんが、かなり広い浴槽で窓の外には小さな滝が見えます。お湯は熱めで、この温泉のとろみが一番強く感じられました。ただ、男性の入浴時間が6時~15時と決められており、チェックイン後から夜にかけ入浴出来ないのが残念です。
熟年夫婦十三月47
温泉分析表には、源泉温度59.1℃ Ph8.5、アルカリ性単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)、源泉は「桂の湯」のみと。

朝食は夕食と同じレストラン「梵 KARMA」で済ませ、
熟年夫婦十三月71-1
熟年夫婦十三月72
11時前に十三月をチェックアウト、「いわて花巻空港」に向かい、レンタカーを返却し(今回の全走行距離:575㎞)、無事伊丹空港に帰着しました。
今回最後の宿泊地 花巻温泉郷の思いもよらなかった、モダンとレトロが共存した稀有な温泉宿で、温泉&食事を満喫し、超モダンな広い洋室でゆったりと優雅な時間を過ごすことが出来ました。次の東北旅行のチャンスには、是非ともこの「お宿」の再訪問を計画する予定です。


((2017年以前の訪問先検索ページへ))  ((2018年以降の訪問先検索ページへ)) 

尚、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言発令を受け、当分の間、旅行を中止又は延期してしております。
本年9月以降には旅行が可能になればと願っております。